×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
戻る




「……状況はどうなっている?」

重厚な鎧を纏った男が思考を止めて顔を上げた。

「まずいね。全く歯止めが効かない。これだからイレギュラーってやつはねぇ〜。」

尋ねられた男は気軽に言った。

実際は由々しき事態であるのだが。

「継承者は?」

「見つからないよ。完全に空席状態。誰かが『ここ』まで辿り着いてくれれば手っ取り早いんだけどねぇ。」

肩をすくめ苦笑いを浮かべると、青みがかった髪をかきあげた。

「あと、残りの七剣のほうだけど、契約されちゃったみたい。五本でやるしかないね。」

「……そうか。成功率が下がるな。」

「協力要請はしてみるけど。まぁ、エクスカリバーの主は断りそうなんだよね。」

「他の成功率を上げる手段を探すしかあるまい。それは最後の手段だ。」

「はいよ。じゃあ俺は他の手段を探してくるとするかー。」

ポケットに手を突っ込んで、散歩にでも出掛けるような感じで部屋を出ていった。

入れ替わりで部屋に入ってくるのは法衣のようなものを着た女。

目を閉じ、かといって危なげなく、鎧を纏った男の前に座る。

「ごきげんよう、1か月ぶりですわね。」

思ったより深く沈むソファーに、居心地の悪さを感じながら女は言った。

「……あぁ。お互いに忙しいな。」

鎧の男は疲れたように言った。

「私はそうでもありませんわよ?周りのものが優秀ですから。」

クスクスとほのかな妖艶さを醸しだして微笑む女。

「今日は機嫌が良さそうだな。いい人材でも見つかったのか?」

鎧の男は苦笑しながら女へと尋ねる。

「えぇ、何人か。今回の召喚者達はとても興味深いわよ。『見つめる』のが楽しみ。さらけだされた後、どんな表情を見せてくれるのかしら……。」

甘い痺れが体を走り、女は体を震わせた。

「壊すなよ?」

たしなめるように鎧の男は言う。

「そんなもったいないことしないわ。手元に置いて愛でるだけ。」

その微笑みは聖母のように見えたが、何かが違っていた。

「それより、ガナートはどうなった?」

今日、鎧の男が尋ねたかったことである。

「半減した力を取り戻すって、出ていったわよ?返り咲けるとは限らないのに。」

若干の哀れみを込めて女は言い放つ。

「確かに例は無いが、現状が現状なだけにガナートにも頑張って欲しいな……。」

鎧の男はため息をつきながら呟くように言った。

「また動きがあれば教えて下さいね。しばらくは傍観させてもらいますから。有名人というのも困りますわ。」

女は席を立ち、優雅に一礼すると部屋を出ていった。

「相変わらず、マイペースだな……。」

鎧の男は苦笑した。

そして、女を見送ると、目を閉じ思考の海に埋没した。



お気軽に叩いてやってください、喜びます(笑)


TOP
戻る