×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
戻る





無機質な鉄格子に閉ざされた牢屋にそれはいた。

光が入りこむことのないそこで、壁に背を預けて座っている存在。

一本の剣が傍に立てかけてある。

その者が持つ唯一の持ち物。

闇と同化し、ただひたすらに暗闇へとその身を委ねる。

その時、少しだけ変化があった。

一点だけを見つめていた瞳が、まるで壁の向こうを見るようにしてギラリと動いたのだ。

「……この感じ、勇者か。」

口の端が上がり、冷酷に笑う。

それに呼応するかのように剣が鳴いた。

禍々しい気配が辺りに満ちてゆく。

「……ククッ、殺したいなぁ……。」

その呟きと共に憎悪が撒き散らされた。

牢屋を見張る兵士が崩れ落ちる。

もう一人の兵士が抱えて牢屋から遠ざかっていった。

「……クックックッ。」

嘲笑いながらきたるべき時を待った……。



遂にやる気を出した騎理の要望で、ある人物を屋敷に招くことになった。

盗賊王・厳重朗。

騎理は勇者の力を使いこなすことこそが、強さを身に付けるための近道だと考えた。

(闘技場での2回目の試合。あの時に内から溢れでた光はきっと勇者の力だ。あれを使いこなせるようになれば……。)

仁に頼んで厳重朗を連れてきてもらうことに。

「うっす。俺が盗賊王と有名な厳重朗様だ!」

Vサインを掲げたおっさんが屋敷に現れた。

「・・・知らねぇよ。」

ぼそっと呟く騎理。

「有名人ですよ?英雄の1人ですからね。」

冷静にエイラは言っているが、実際は少し緊張していた。

同じようにディルフォート氏もいつもよりさらに畏まった態度である。

「仁に話を聞いてから私なりに調べた。ルファではかなりの有名人だぞ?」

慎悟は騎理に聞いたことないか?と尋ねた。

騎理は首を横に振り、

「そもそも興味が無ぇから頭に入ってこないんだよ。なぜ男の情報をインプットしておかなければならん?」

堂々とそう言ってのけた。

「がっはっはっはっ!面白いガキだな!」

腕を組んで豪快に笑う厳重朗。

「おっさんも面白そうだな。」

お互いに物怖じせずに会話を始める騎理と厳重朗。

口では女の子以外興味無いと公言してはいても、嫌いな人間がほとんどいない騎理。

豪快な性格ゆえに、細かいことを気にせずに踏み込んで行く厳重朗。

仲が悪くなることなんてありえないのである。

「俺としては騎理がレベル6なるまでは出張るつもりは無かったんだが、

やる気になってる出鼻をくじくわけにもいくまい。俺が教えられることは全て教えてやるぜ!」

グッと握り締めた拳を突き出す厳重朗。

「あぁ、よろしく頼む!」

騎理も拳を握り、厳重朗の拳に突き合わせた。

勇者としての修行が今、始まる。



「まずは、色々と説明するから静聴するように。」

頷く一同。

屋敷に広い庭の一角、芝生が綺麗に生えそろった場所に陣取る一同。

メンバーは、厳重朗、騎理、エイラ、真矢、仁、後は数人の執事とメイドである。

慎悟とディルフォード氏は用事があって立ち去った。

実際、騎理以外はいてもいなくてもいいのだが、それぞれの思惑があって残ったのである。

「勇者の力は、『勇者の武具』のみだと思うやつが多いのが実情だ。俺も長い間そう思ってた。」

厳重朗の手に光の粒子が集まり、『盗賊の七つ道具』が形成される。

「だが、勇者の力の応用範囲は広い。これは『勇者の武具』が存在力で構成されているからだ。」

『盗賊の七つ道具』がハラハラとゆっくり光の粒子に分解された。

「この光が存在力だ。空気に溶けているように見えるが、実際には俺のところに戻ってきている。」

再び『盗賊の七つ道具』を創り出す。

「存在力自体に確かな形があるわけではない。あえて言うなら、この粒子の形かもな。」

パッと一瞬にして光の粒子になる『盗賊の七つ道具』。

厳重朗は人差し指を立てて、空気に溶けて消えそうになる光の粒子へと指を向けた。

すると、光の粒子が意志を持ったかのように指に集まり始めた。

クルクルと螺旋を描きながら人差し指にまとわりつく。

「この光の粒子状の存在力を使いこなすことが目標だ。ちなみに俺は3年かかった。」

光の粒子を一つにまとめて拳程の大きさのものを創り、軽く放り投げた。

花火のように散って、大気に溶けていく。

騎理達はオオーッと歓声を上げた。

「最初は、自分の持っている『勇者の武具』の形状変化から始めるのがいい。」

『盗賊の七つ道具』を創り、そのうちの鍵を手に取り目の前に掲げる。

そして、特に力を込めたとかの様子も無く形状が変化し始めた。

ぐにゃりと粘土細工のように様々な形状へ。

大きさも変わる万能の鍵。

「どんな家でも入れるな。」

「盗賊王っぽいだろう?」

騎理の感想に満足そうな笑みで答える厳重朗。

「形状は自由だ。各々の創造力次第で、『勇者の武具』はどこまでも強くなる。

最初に設定した状態は、『勇者の武具』を使い易くするために一定の方向性を決めただけに過ぎない。」

「ん?じゃあ、能力も変えられるのか?」

「それは無理。」

「・・・そっすか。」

そこまでの自由性は無いと厳重朗の言葉。

「最終的に、勇者は光の粒子状の存在力を纏い戦うのが本来の姿だ。」

光の粒子がサラサラとこぼれるように厳重朗の脚に集まる。

ぼんやりと輝く厳重朗の両脚。

「俺の場合、努力が足りないのか、才能が無いのか、両脚にしか纏えない。」

片足をあげてプラプラと振ってみせる。

火の粉のように光の粒子が大気を舞った。

「まぁ、この辺のやり方はおいおい説明するとして、まずは形状変化の練習な。」

「うぃっす。」

早速、遅延剣を創り出す騎理。

「既成概念に囚われるな。自分の存在を深く認識しろ。」

「・・・。」

遅延剣を両手で構える。

騎理は、なんとなく目を閉じて集中し始めた。

暗闇の中にぼんやりとイメージする、今とは違う形の剣の姿。

(細かいところは省いて、大雑把にイメージしてみるか。)

今は片手でも両手でも扱える普通の形をした剣。

「そこからもう一度、剣を創り出す感覚だ。」

厳重朗の言った通りに剣を創り出す時の感覚、内から熱いものが溢れ出てくるような感覚を再現する。

そこに、生まれたイメージを流し込む。

一定の方向性を注ぎ込まれた存在力は、確かな存在を得て世に生み出される。

「・・・来い。」

遅延剣が熱を帯びる。

光の粒子がこぼれ、淡く輝きを放つ。

そして両手に構えた状態から、ゆっくりと両手を広げた。

一つの塊だった存在が二つに別たれた。

遅延剣の新たな姿、それは双剣であった。

全く同じ大きさ、デザインの剣。

存在力の量も、均等に別たれていた。

「・・・出来た。」

驚きを隠せない表情の騎理だが、満足気な笑顔を浮かべている。

ある意味、騎理よりも驚いているのは厳重朗だった。

「いきなり出来るとは・・・俺なんか何ヶ月もかかったのに・・・。」

軽く落ち込む厳重朗。

ヤンキー座りをしてうなだれている。

「他の形状も試してみるかぁー。」

俄然やる気が増してきた騎理は、普段は見せない無邪気な笑顔を浮かべていた。

真矢やエイラやメイド達が声援を送るせいで、さらに鼻高々になる騎理。

かたわらで、厳重朗のテンションは下がる一方である。

ちなみに仁は我関せずといった態度で、状況を眺めていた。

そんな若干ほのぼのとし始めた空気の中で、来客の知らせがあった・・・。



あとがきっぽいもの
作者「年内に第2章を終えるつもりだったけど、このペースでは無理っぽい・・・。」
リーア「だったらペースを上げればいいじゃないですか♪」
作者「もうちょい落ち着いたら早まる予感です。」
リーア「早く落ち着くといいですね〜♪」
作者「うむ。本気でそう思う!」
                  おわり



お気軽に叩いてやってください、喜びます(笑)


TOP
戻る