×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
戻る





「約束通り来たぞ♪」

スキップでもしそうなほど陽気な雰囲気で現れたのは、白いワンピースの女の子。

もちろん白い帽子もセットである。

さらにタキシードをビシッと決めた初老の男性もセットである。

「お?闘技場で会った子だ。よく俺のいる場所が分かったなー。」

ポイポイッと双剣を放り捨てながら女の子を出迎える騎理。

剣は大気にサラサラと溶けて消えた。

「私にとって人探しなど造作もないことのだぁー♪というか、すぐに見つかったぞ?

闘技場の活躍で有名になったんじゃないのか?」

「実感ねぇなぁー。」

帽子を取って小走りに騎理の元へとやってくる女の子。

騎理はぐりぐりと女の子の頭を撫でた。

女の子の髪が乱れるのを気することもなくスキンシップ。

抵抗なく頭を撫でられていたのだが、ふと女の子は視線を違う方をやった。

そして、少し驚いた様子で口を開いた。

「あれ?厳重朗じゃないのか?」

「ん?あっ、お姫様じゃねぇか?」

お互いが驚きに満ちた表情をしながら指を差しあう。

「……お姫様?」

騎理はお姫様と呼ばれた女の子の髪をいじりながら、特大のクエスチョンマークを浮かべている。

「お久しぶりでございます、厳重朗様。」

「うっす。ご無沙汰ですなギニアスさん。」

ギニアスと呼ばれたタキシードの男は鮮やかな礼をして応えた。

「……どういうことなんだ?」

状況を理解出来ない騎理は近くに佇むエイラに助けを求めた。

「あの子はお姫様なんですよ。この国の。」

ため息混じりの解答。

「名前は、リナンシアス・オーダ・ミヒュアンダルデ。始まりの民の末裔と勇者の子です。」

始まりの民の末裔。

騎理達のいる国、ルファはこの世界で最初に創られた国。

ルファを建国した民の末裔が、この国を治めている。

ミヒュアンダルデは、初期のこの世界において英雄と呼ばれた人物のことである。

一説では『勇者』だと言われているが、資料が少なく定かにはなっていない。

「勇者の子、って?」

「10年前、魔王との戦いに参加した英雄が今の王妃と結婚したんです。

現状はその勇者がこの国を治めていることになりますね。いわば、勇者王。」

「……なんかどっかで聞いたことのあるフレーズだな。」

「気にしてはいけません。」

「……まぁ、それはいいけどさー。で、厳重朗さんと知り合いなのは?」

「勇者同士のつながりがあるのでしょうが、盗賊ギルドと王宮のつながりがあるということですね。

詳しくは知りませんけど。」

一般人が首を突っ込むようなことではないですから、と付け加えるエイラ。

「んー、なんていうか、案外、世界は狭いというか、ご都合的過ぎるというか……。」

闘技場に出場した目的は、世間の注目を集めつつ王宮につながりを持つということ。

世間の注目を集めるというほうは、納得いくほどの成果が出ているわけではない。

しかし、一人の女の子の登場によって王宮への足掛かりが出来た。

「とは言っても、リナンシアスの目的次第だよなぁ。」

「ですね。何の目的があって近付いてきたのでしょう?」

厳重朗と話し込むリナンシアスを鋭い視線で見るエイラ。

「なんとなくだけど、物騒なことじゃないと思うぜ?見た目、そんな感じじゃないし。」

「……見た目判断とは愚かしい。」

「大丈夫、大丈夫。可愛い子に悪い奴はいないのさ。」

「……幼女趣味?」

「いや、幼女ってほど幼女ではないと思うんだが……。」

「節操無し?」

「……それは否定しない。」

「……そこは否定しときましょう。」

「なぁ、キリ。話があるんだがよいか?」

話が逸れつつあるところに、厳重朗との話を終えたリナンシアスが現れる。

「おー、聞いてやるぞー。」

気軽に請け負う騎理。

少し言いにくそうにもじもじするリナンシアス。

騎理はリナンシアスが落ち着くまで待った。

「わ、私の・・・。」

決心がついて言いかけた瞬間、突如、周辺から殺気が立ち昇った。

『!?』

厳重朗、エイラ、ギニアスが殺気が放たれた方向へと振り向く。

屋敷の庭、立派な木が植えられた場所ゆえに身を隠すところは多数あった。

しかし、迷いなく三人が動き始める。

騎理や真矢や仁は少し遅れて、状況を把握。

かろうじてリナンシアスを守るようにして動いた。

「ここまで近づかれるとは・・・アサシンか?」

呟きながら脚に光を纏う厳重朗。

ゆらりと体を揺らすと、凄まじい速さで木に突っ込んで行った。

空中で体を回転させると、木に向かって回し蹴りを放った。

葉や枝が吹き飛ばされる。

そこに現れたのは黒衣に身を包んだアサシンの姿が。

「チッ!?」

ダガーを投擲しながら離脱を計る。

が、瞬時に具現した『盗賊の七つ道具』の一つのナイフではじき返す。

光を発しながら空中を蹴り、追随。

右手に新たな勇者の武具が具現する。

黒と赤の入り混じった、皮のような素材の手袋。

「・・・盗賊王の力、見せてやる。」

不敵な笑みを浮かべてアサシンとの距離を詰める厳重朗。

右手をアサシンの額へとかざして、その力を発揮させた。

交錯。

屋敷を囲う塀に、危なげなく着地する厳重朗。

アサシンは木の枝に体を打ちつけながら落下してゆき、地面に不時着した。

起き上がることなく、ピクリとも動かなかった。



一方、エイラのほうはというと・・・

「・・・誰が狙いなんでしょう?」

狙われそうな人物が集まりすぎていた。

ひとまず捕まえてしまおうと判断し、殺気のする方向へ。

花壇を飛び越え、植え込みへと駆ける。

「死ね!」

数本のダガーが植え込みからエイラに向かって飛んできた。

刀身は光を反射することがなかった。

「・・・毒か。」

疾風のように蹴りを放ち、瞬時にそれらを叩き落とす。

そして地を這うような低い姿勢からアサシンへと迫る。

アサシンの蹴りを見切り、そのままの勢いで突っ込む。

片足を取り、アサシンの体を地面に叩きつけた。

「ぐぅっ!?」

呻き声を上げながらも、抵抗するアサシン。

「抵抗するなら容赦しませんよ?」

アサシンの両腕の関節をはずしながらエイラは言った。

それでもジタバタとあがくアサシンを冷静に見下ろしながら、右顎に掌底を打ち込む。

まだ瞳からは抵抗の意志が消えない。

「フッ!」

今度は左顎に掌底を打ち込む。

そこで抵抗の意志が消え失せた、と思った瞬間、アサシンの瞳から光が消えた。

ぐったりと体から力が抜ける。

「・・・自害した。」

アサシンの死を確認すると、エイラは立ちあがった。

少しのやり切れない思いを残して。

そして、ギニアスは・・・



「・・・姫様を狙う輩か?ならば容赦はしませぬぞ!」

タキシードの上からでも分かる筋肉が躍動する。

屋敷の執事の1人をギロリと睨み付ける。

アサシンは執事の1人に変装していたのだ。

アサシンはニヤリと笑って、ダガーを投げつけた。

「ふん!」

目にも止まらぬ速さで繰り出した拳でダガーを砕き割る。

「触れたな!それは触れるだけで死に追いやる毒なんだぜ?」

嘲笑いながら蝶ネクタイをはずして身軽になる。

しかし、ギニアスはアサシンの言葉を鼻で笑った。

「馬鹿め!私に毒など効かぬ!」

気迫の込められた叫びとともに、タキシードが筋肉に押されてはじけた。

上半身をさらけ出し、地面を踏み抜く勢いで地を蹴る。

一息にアサシンとの距離を詰めるギニアス。

「なっ!?」

反応出来ないアサシンはほとんど棒立ちだった。

風を斬り裂いて拳が突き出される。

吸い込まれるようにしてアサシンの腹へとめり込んだ。

「ぬうりゃぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!」

振りぬく拳。

何の抵抗も出来ずに塀まで吹き飛ばされた。

レンガに体を思いっきり打ちつけ、血を吐き倒れる。

痙攣を起こす体を抑えようとしながら立ち上がろうとする。

しかし、立ち上がれずに完全に沈んだ。

「ふん、修行が足りぬな・・・。」

物足りないと言わんばかりのギニアスであった・・・。



あとがきっぽいもの。
作者「キャラ人気投票の絵はもうちょいかかります・・・。」
リーア「気長にお待ちくださいませ♪」
作者「忘れてはいないからね!」
                おわり



お気軽に叩いてやってください、喜びます(笑)


TOP
戻る