×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
戻る





トライハートを救い出す。

そのためには属性反転の呪いを何とかしなければならない。

「……だったら答えは決まってる。」

残りの手札を使えばいいんだ。

残りの勇者の武具を。

「いつまでも保ち堪えられると思っているのかな?」

口の端をつり上げて嘲笑う。

端正な顔立ちでそんな表情をされるとけっこう怖い。

しかし、おそらくは年下相手にビビッているのを見せられん。

とにかく、やることは決まった。

あとは、それをどう実行するかである。 ト

ライハートの中で澱み、蝕んでゆく呪いの力はかなり強い。

残りの武具を使ってもギリギリ対抗出来るか出来ないかだ。

たぶん、直接叩きこまないと力を発揮出来ない。

それほどまでに強力なのだ、命を賭けるということは。

どこの誰か知らんがやってくれるぜ……。

トライハートが再び存在力を集中し始めた。

馬鹿の一つ覚えかよ、まったく!

なんとしても、接近しなければならない。

だが、はっきり言って向こうのほうが動きがいい。

レベル2の差はでかいな……。

この差を埋める上手い方法。

……あの力を使うしかないな。

盗賊王のように光を纏う。

ぶっつけ本番だが、今はそれしか思いつかない。

「……光脚。」

難しく考えてはいけない。

光の守りと手順は同じだ。

要は存在力に一定の方向性を持たせるということ。

速く。

どこまでも速く。

疾風のように。

閃光の如く。

脚が熱を帯び始める。

光の粒子が集まってくるのを感じる。

脚が光を纏い、体が軽くなったような気がした。

「……それは……。」

トライハートが言葉を言い終える前に、俺は動いた。

まるで跳ねるようにして一瞬でトライハートの目の前へ。

「おおうっ!?」

自分でもびっくりだ。

初の試みゆえに加減がわからなかった。

トライハートも驚愕の表情になってはいたが次の瞬間には剣を振るっていた。

「おっと!」

とっさに遅延剣を具現してガード。

そして、すぐさま距離を取る。

「盗賊王が使っていた力か……。よく使えたね。」

「俺は本番に強いんだよ。」

足を使って攪乱しつつ隙をうかがいながら、勇者の武具で決める。

立ち止まらずに動き続ける!

「遅延双剣!」

二本に分かち、すかさず一本を投擲。

「そんなもの!」

あっさりと弾かれるがそんなものは計算の内だ。

移動しながら再び剣を分かち、投擲。

また弾かれても、動きを止めずに同じことを繰り返す。

「ははっ!いくら速くても決定打が無けりゃ意味ないね!」

「……言ってろ。」

攻撃力なんてものにこだわるつもりはない。

結局のところ勝てばいいのだから。

生き残るでも可。

だから、考えて考えて最善策を探すのだ。

ベターよりベストを。

「ふっ!」

投擲。

弾くために剣を振るうモーションに入るトライハート。

俺は時間差でもう一本の剣も投げた。

一本目を剣で弾き、二本目を避ける。

かかった!

俺は次の手順の用意をしながらトライハートへと距離をつめた。

「突っ込んできたところで……ちぃっ!?」

トライハートの背後から迫る遅延剣、ではなく遅延ブーメラン。

投げる寸前に形状を変化させておいた。

ずっと剣を投げていたのは罠である。

トライハートはギリギリの間隔で腰を落として回避した。

遅延ブーメランはそのまま俺の所へ向かってくるが、具現化解除で対応。

そして、あらかじめ手の平に集中させておいた光の粒子。

それがバレないように手を軽く握っておいた。

トライハートにその手を突きだし、それを開放する。

そこには大して力を込めていない。

攻撃の意志も防御の意志もなく、ただ輝くだけの力。

そう、ただの目くらましである。

もちろん、俺は目をつぶっておく。

部屋に満ちた光の粒子が、俺の目となり耳となるから大丈夫。

「ぐあっ!?」

どうやら思惑通り予想外だったらしく、目を押さえて苦しむトライハート。

よし!今だ!

トライハートへと肉薄しつつ、新たな勇者の武具をイメージする。

「……舐めるなよぉぉぉーっ!!!」

突如、獣の咆吼のような叫びを上げたトライハートは闇の粒子をばらまき始めた。

「くっ!?」

肌に触れるとジュッと音を立てて火傷のようになる。

俺は真矢達に及ばないように光の粒子をばらまくが、足りない。

これ以上ばらまくとレベルが下がる。

打ち消せない闇の粒子が広がってゆく。

……仕方ない、ほんの少しの間我慢してもらうしか……。

「ヒャハッ!視える!視えるぞ!」

トライハートめ、俺と同じ方法で知覚を拡大したか。

だが、止まる訳にはいかない!

「このぉぉぉぉっ!」

俺は拳を放つ。

「させるかよっ!」

剣が迫る。

拳と剣が交錯する。

俺の左肩に剣が突き刺さる。

「……っ!!!」  

激痛。

痛すぎるがそんなものを気にしてはいられない。

肉を貫き、骨を砕く感触を感じながら前へ。

トライハートの体へ拳が当たる瞬間、手を開きトライハートの胸へと手を置いた。

「こいつをくれてやるぜ!『属性反転の鎧』!」

レベル1と2の勇者の鎧を合わせて創り出す幻想武装。

呪いを解くものは、今の俺の力では無理だ。

だから、もう一度属性を反転させるものを創り出した。

ちなみに鎧と言っておきながら鎧としての能力は無い。

そこまで力をまわすことが出来ないほど、呪いが強力なのだ。

だから不可視の鎧。

要はトライハートのイージスの盾みたいなものだ。

「あ?あああぁぁぁぁああぁぁぁっ!!?」

属性反転の鎧の力が発揮される。

闇から光へ。

真っ黒な髪は鮮やかな金髪に。

真っ黒な瞳は澄みきった青に。

これでどう見ても、リナンシアスと兄妹に見える。

闇の存在力が薄れて消えてゆく。

闇の牢獄は神々しい空間へと変わった。

一瞬で空気が入れ変わった感じだ。

俺は散布していた存在力を戻し、ホッと一息ついた。

……超痛ぇ。

左肩に刺さったままの剣のことを忘れていたぜ……。

血がだくだく出ているんだが……。

目まいがする。

こいつはヤバイ気がするなぁ……。

「……うう、うあぁぁぁぁぁ……。」

蹲って苦しいのか、悲しいのか、そんなような声をあげるトライハート。

光の空間が消え去り、勇者王達が駆け寄ってきた。

「治療しましょう。」

む、ギニアスいつの間にいたんだ。

そういえばこの人もレベル10だから、立ち往生していたんだな。

「剣を抜きます。我慢して下さい。」   

「いてぇー!!?」 

セリフを言い終える前に抜きやがった。  

思わず声を上げてしまったではないか、カッコ悪い。

そして、『癒し』の奇跡で傷を治してもらった。

治してもらうところを凝視していたんだが、巻き戻しの映像を観てるみたいでキショかった。

「傷は塞いでありますが、出血が多かったので血が足りないでしょう。

肉を喰らって安静にしているように。肉を喰らえばついでに筋肉も付きますから。」

どっかの先生が言いそうな言葉だな。

てか、そんな簡単に筋肉が付いたら苦労はしねぇのである。

まぁ、今はなによりも寝たいんだが。

「ち、近寄るなぁ!」

何事?と思って振りむけば、トライハートに拒まれる勇者王の姿。

「……トライハート。」

息子に煙たがれる親父の図。

いや、かなり深刻な雰囲気ですよ?

「反抗期かてめぇ!」

もう疲れたので、手っ取り早く額にチョップを喰らわせてやった。

目をパチクリさせて驚くトライハート。

とりあえず黙らせることに成功。

「何が気にくわないんだ?言ってみろ。」

若干上から目線だが、気にしてはいけない。

トライハートはキッと勇者王を睨みつけて口を開いた。

「僕は!僕はずっと閉じこめられていたんだ!助けようともせず!闇に呑まれてゆくのを放っておかれた!」

分かっていた。

属性反転の鎧を使って光の属性に戻しても、心に芽生えた感情が消えることはないと。

「阿保か!」

再びチョップ。

さっきまで戦ってたやつとは思えないほど、綺麗に入るぜ。

ちょっと涙目になってるあたり、本来は気の弱い性格なのかもしれない。

「まぁ、長い間閉じ込められたのは辛いと思う。俺が軽く言えることじゃない。

だがな、閉じ込めておいたってのは生かしておいたってことなんだぜ?」

疑問符を浮かべるトライハート。

「さっきまでのお前、闇属性のお前は魔王のように思えた。魔王と直接対峙したことが無くてもそう思った。

たぶん、一般人なんか恐慌状態になるぜ?この世界は、魔王=敵というのが揺るぎようのない事実なんだ。

そんな所にお前を出してはおけない。暴動が起こるだろうな。

王が、いや、勇者王が魔王を匿ってるとか言ってな。」

勇者王は悩みに悩んだだろう。

自分の息子と国民を天秤にかけなければならなかった。

結果として、息子を見捨てることが出来ず、人目につかないよう閉じこめた。

「生かしておいたからには、呪いをどうにかする手段を探したんだろう?」

おっさんへ問掛ける。もうなんかおっさんでいいや。 今回役に立ってなかったし。

「探した。いや、今も探している!ずっと探してきているが、まだ見つけることが出来ないんだ……。」

悔しい、歯がゆい、そんな苦々しい表情を浮かべるおっさん。

「聖都の教皇に頼んでもダメだった。

『解呪』の奇跡で解けないのであれば、もう残されたものは勇者の武具しか無い。

しかし、私は使い切っていたし、あてもなかった。」

おそらく、前回の勇者達は使いきっているのだろう。

勇者王、盗賊王、未だ見ぬ勇者達……。

「もちろん騎理に頼むことも出来なかった。勇者が現れるということは、魔王が現れるということ。

我が息子と引き替えに力を使わせるわけには出来ない。……結果的にはそうなってしまったがね。」

「応用効くから気にするな。」

ぶっちゃけると、呪いを解いたわけではないしな。

「そうすると、探してるのはなんなんだ?」

勇者の武具を使わせるのをしのびないと言うのであれば、探しているのは勇者以外の何かだ。

でも、勇者の武具でないと呪いを解けないと言う。

これいかに?

「勇者が遺した勇者の武具だ。勇者が放棄、もしくは死んだ場合、勇者の武具が遺る。

他にも例外はあるが、その遺った勇者の武具で呪いを解くものを探しているのだ。」

具現化していたものに限るが、と付け加えるおっさん。

俺が死んだ時、もし遅延剣を具現化していれば遅延剣が遺るということ。

きっと、そうやって勇者の武具が受け継がれてきたのだろう。

伝説の武器とか言うものは、昔々の勇者が創り出したものなのかもしれない。

「ずっとある聖剣を探している。聖属性のみに特化した剣で、魔や闇に絶大な効果を発揮する剣だ。

呪いを断ち切ることも出来るはずだ。」

「トライハートごと切ってしまうことはないのか?」

「ない。それは人体に影響を与えられない剣だから。剣としての能力は皆無なんだ。」

属性反転の鎧みたいなものか。

それがあれば、属性反転の鎧なんか無くてもトライハートは光になることが出来る。

万事解決するということ。

「トライハート、お前の親父はちゃんとお前のことを考えていたんだぜ?

お前のことを見捨てたりなんかしていなかった。」

うつ向くトライハートへと、説き伏せるように語りかける。

ちゃんと聞いてたか?今までの話。

「……でも、僕は死んだことにされていたんだ。見捨てられていたも同然だよ!」

泣きそうな声で心の内をさらけだす。

「しつこいわ!」

チョップ!

こっちは疲労困廢なのでいい加減納得して欲しいんだが……。

「死んだことにしとかないと不審だろうが。お前は王子なんだぜ?

王子が真っ黒な気配放って引きこもってたら王城が疑われる。

まぁ、幽閉されてた塔が意図的に爆破されたみたいだから、情報が漏れていたんだろうが。」

そこが気になる。

塔は王城の敷地内にあるのだ。

長距離砲撃か、侵入しての爆破。

どっちにしろ、由々しき事態だ。

王城は大丈夫なのか?

「とにかく、今は親父のことが納得できなくても、せめてリナとは仲良くしろよ?」

トライハートの肩に手を置く、半ば無理矢理に体を方向転換させてリナの方へと向けた。

「……お兄様。」

「……リナ。」

感動の対面ってやつだな。

もう眠過ぎてどうでもよくなってきたが。

「お疲れ様です。」

「うむ。本来は弱音を吐きたくないんだが、今回はもの凄く疲れたな。」

足元がおぼつかない。

体力的な疲労は『癒し』の奇跡をかけてもらえば回復するみたいだが、精神的な疲労が強い。

たぶん、存在力を酷使した反動だと思う。

存在力を使うというのは身を削る行為に等しい。

もっと上手に扱えれば改善されるかもしれないが……。

今日は無茶をしたんだと思う。

「真矢ちゃん、頼みがある。」

「なんでしょう?」

こんな時は甘えたい。

「ハグしてくれ。」

「いいですよー。」

快い返事。

抱きしめられて超リラックス。

……癒されるなぁ。

……おやすみ。

ぐぅ……。



「あ、寝ちゃったし……って、わわっ!?」

真矢に持たれかかって熟睡する騎理。

支えきれずに、騎理が押し倒すような形で倒れてしまった。

「……ふー、ま、いいですけど。」

全然起きそうにない騎理の髪をいじりながら微笑んだ。

「とりあえずギニアスさん、運んじゃって下さい。」

「承知しました。」

ヒョイッと片手で抱えあげられ運ばれてゆく騎理。

事態は一件落着……したかのように思えた。

切迫した表情の兵士が駆け込んでくるまでは……。



あとがきっぽいもの。
作者「話はここからだぜ!電池がもたないんだぜ!次回をお楽しみに!」
美綺「……はやく携帯買えば?」
おわり



お気軽に叩いてやってください、喜びます(笑)


TOP
戻る