×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
戻る





「・・・んあ?」

日の光が眩しくて目が覚めた。

自然な覚醒。

こんなにすっきりと晴れやかに目が覚めるのは珍しい。

「おはようございます、騎理様。」

カーテンを開けたのはメイド長だった。

気持ちのいい笑顔で挨拶された。

挨拶を返し、立ち上がろうとした時にふと気づいた。

ベッドの隣がまだ温かい、ということは朝まで隣にいてくれたようだ。

だから、ぐっすり眠れたんだな。

「ありがと。」

思わず抱きしめたくなったけど、自重。

「これも務めですから。」

クールな物言いでも、微笑みを浮かべていれば意味もかわってくる。

着替えを手伝ってもらって、朝食へ。

「と、その前にお願いがあるんだけど。」

一歩後ろからついてくるメイド長へと振り返った。

なんでしょう?と首を傾げている。

手短に用件を伝えておく。

優秀そうな人だから、大丈夫だろう。

「かしこまりました。そろえておきます。」

優雅なお辞儀をして去っていく。

さて、飯食ったら今日も試合だぁー。



2戦目の試合。

今回も相手はレベル5。

前回の筋肉だるまとは違い、細身の剣士が相手だ。

おそらく、前回の俺の戦いを見て対策をしていることだろう。

といっても、見破れたかどうかはわからないが。

そもそも、遅延剣をどうにかするには打ち合わないこと以外はない。

もしくは、よっぽど高い剣技でもって一瞬にして勝負をつけるかだ。

だが、レベル的に考えてそれは無理だろうな。

きっと相手は打ち合わないように戦うことはず。

ならば、相手のとる手段は飛び道具に違いあるまい。

なので、俺はその辺の対策をしつつ、試合に臨む。

審判にお姉さんの後について、入場。

轟く歓声。

応援の声6割、残りは意味の無い野次や、罵詈雑言。

まぁ、こんなもんだろう。

これからどう変わっていくか、楽しみである。

「・・・今回は荷物が多いですね。」

お姉さんから話しかけられた。

一歩前進かな?

「色々やってみようかと思いまして。」

左右の腰に一本ずつの剣。

さらに後腰に一本。

おまけに背中に一本、ななめにぶらさがっている。

今日は左手に盾もある。

盾の内側にクナイみたいな武器も数本。

しっかりとサイズを合わせた皮鎧も着込んだ。

うむ、メイド長良い仕事だ。

遅延剣と盾以外は全て揃えてもらった。

これが、朝に頼んだ用件である。

ちなみに盾が自前ということは、要は勇者の武具だってこと。

「今回もトリッキーな戦い方ということですか。」

冷静に分析されてしまった。

「そうなるね。なんつーか、勝てばいいのさ。」

勝てば正義、ってのはどうもしっくりこないが世の中はそうなっている。

だったら、勝つためにはどんなことでもするべきだ。

「確かにそうですね。敗北は死につながりますから。」

勝負うんぬんよりも、生きるか死ぬかの話っぽい。

いやだ、いやだ、物騒な世の中だよ、ホント。

かといって逃げ場なんてないし、逃げたところでどこまでも逃げられるわけじゃあない。

この世界でも、元の世界でも戦い続けるしかないのである。

死にたくなかったら。

・・・めんどくせぇなぁ。

「・・・惰性な気もするが、必要としてくれる限りは頑張るか。」

俺の呟きにお姉さんは首を傾げるが、俺は無言で舞台へあがる。

余計なことは置いといて、集中。

相手はゆったりとした服装。

外套で身を包んでいやがる。

あー、あれは剣以外の武器も持ってるな。

俺の予想通り。

つまらんやつだ。

「お主、勇者らしいな?」

髭を生やした、鋭い視線の男。

闘気がビシバシと伝わってくる。

「それが?」

殺気も何もない、リラックスした状態が俺のスタイル。

「嘘か真かは関係無い。世間がお主を勇者と認識しているのならばそれでよし。

お主を倒して私は名声を得る!」

鞘から剣をスラッと抜き放った。

相手の獲物はレイピア。

しかし、それが問題なのではない。

さて、他の武器は何を使うのかな?

とりあえず、俺からは攻めずに待ち。

向こうの出方に合わせる。

普通に打ってくれば、遅延剣で合わせればいいだけだし。

「前回の戦いは拝見させていただきました。おそらくは魔剣ですね。

距離を取らせてもらいますよ。」

やっぱり。

「どうぞ、ご自由に。」

余裕の笑みで応対。

挑発の意味もあるんだが、乗ってはこない。

今回の相手は冷静沈着な様子。

まぁ、相手がどうであれ、勝つだけだ。

「炎のレイピアよ!我が敵を燃やせ!」

レイピアを掲げると赤くきらめき、炎が現れた。

それは真っ直ぐに俺のほうへと向かってくる。

「魔剣には魔剣ってことか!」

魔術を使うのは禁止だが、魔剣による効果は問題無いルール。

案外、派手な戦いが見られるってことだな。

俺は余裕を持って回避。

単純に真っ直ぐ飛んでくるだけなら楽勝だ。

「そこ!」

外套に下に隠されていた片方に腕が振るわれた。

日の光を反射しながら、何かが飛来する。

「ちっ!?」

避けられないと判断。

盾で受けると、キンッと甲高い音がして何かが地面に落ちた。

短剣だ。

「破裂せよ!」

落ちたと同時ぐらいにそんな声がかかった。

やべぇな!

反射的に危険を感じてその場から飛び退く。

その瞬間、短剣が爆発した。

バンッ!と音をたてて爆風が起こる。

規模としてはたいしたこと無いが、至近距離で食らうと危険な感じ。

勢いよく吹っ飛ばされたが、何とか受身をとれた。

爆発跡にはサッカーボールぐらいの穴が開いていた。

短剣が無いことから、おそらくは使い捨て。

「やってくれるぜ・・・。」

爆発で飛んできた舞台の破片が腕をかすっていた。

たいしたことはない。

でも、むかついたから本気だす。

「炎よ!」

さっきと同じように炎を打ち出してきた。

俺は後腰から剣を抜き放ち、構える。

「氷よ!」

考えることは同じってね。

距離を取って戦ってくるなら、俺も距離を取って戦えるようにするだけだ。

用意してもらった氷の魔力剣。

あっちもどうせ魔力剣だろうから、これで十分。

同等の力、打ち消すだけでも違ってくるもんさ。

「ぬ!?」

遅延剣以外の魔剣の存在に計算が狂ったんだろう。

爆発の短剣を投げる手を止めている。

さて、次はこっちの番かな?

「うりゃっ!」

次の手を考えている一瞬の隙に、俺は左右の腰の剣を抜いた。

そして、投げる。

まさか短剣でも無い剣を投げるとは思っていなかったようで、少しのとまどいがあったみたいだ。

だが、しっかり回避する辺りなかなかのツワモノ。

ちゃんと見極められ、それぞれ右に左に通りすぎていく。

「まだまだ!」

俺は両手を交差させて、手にあるものをクンッと引っ張った。

すると、二本の剣が弧を描くようにして軌道を変える。

背後から男を狙い定める。

「なにぃ!?」

咄嗟に男はレイピアと短剣で二本の剣を打ち払う。

俺は手元に剣を引き寄せた。

「ちっ!」

男は短剣を放り捨てた。

すると、爆発。

どうやら、男のタイミングで爆発させるわけではないらしい。

たぶん、衝撃を与えたらってことか。

「まさか、剣自体を飛び道具とするとはな・・・。」

「剣に思い入れがあるわけじゃないんでね。」

タネは簡単、剣に鎖をまきつけていただけである。

ちょっと鎖鎌っぽい?

「・・・どちらかが、先日の魔剣ということか。」

バレたか。

片方は遅延剣のモデルにした普通の剣。

だから、デザインは全く一緒。

距離を置いてチクチクやっていれば、そのうち動きが鈍くなるだろうという戦法。

戦法がバレたところで、へこたれたりはしないぜ。

「よっと!」

再び二本の剣を投げつける。

ちなみに、この鎖鎌を操るような技術は屋敷の執事からの直伝。

即席ではあるが、どうも勇者というクラスは学習能力が高くなるらしい。

ばっちり身についている。

てか、屋敷の執事って、元は何のクラスだったんだろう?

「ふっ!甘いわ!」

違うことを考えていたら、男の気迫を込めた叫びが聞こえた。

腰から、レイピアとは違う剣を取り出している。

ぶ厚い刃のバスターソード。

片手で扱うにはギリギリといったサイズ。

それを両手で操り、上段に振り上げる。

「ぬぅぅん!」

髪一重で避わした次の瞬間、伸びきった鎖へとそれを振り下ろす。

たいした抵抗も無く分断されてしまった。

「マジかよ!?」

しかも、偶然だろうが遅延剣を結んでいたほう。

解き放たれた遅延剣は場外へ飛んでいった。

・・・これはちょっとへこむかもしれん。

さらに、そのままの勢いで流れるようにもう片方へと振り向いた。

「ふん!」

振り下ろされる渾身の一撃。

こちらも割りとあっさり断ち切られた。

同じく場外へ。

・・・あー、あっという間に戦力半減しちゃった・・・。

ニヤリと笑う男が非常に憎たらしい。

・・・うーん、ここからどうしよう?



あとがきっぽいもの。
作者「中途半端なところだから、続きは早めに書くぜ!」
                          おわり



お気軽に叩いてやってください、喜びます(笑)


TOP
戻る