×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
戻る




ガァァァァァッ―!!

天地揺るがす雄叫びが脳髄を貫く。

それは心を折り、絶望で染めあげようとする。

常人であれば気が狂いそうになるだろう。

空中都市トリオンの上空を舞うのは火竜(ファイヤードラゴン)。

凶暴なる牙、狂暴なる爪、光を閉ざす赤褐色の翼。

その威風堂々たる姿はワイバーンなど霞んでしまう、圧倒的存在感。

「……これが……。」

思わず息を飲む。

唇は乾き、背中を冷や汗が伝う。

忍びよる死の気配に足が震えた。

ここはトリオンの中心に位置する広場。

普段は人が賑わい活気ある場所だ。

しかし、今は光騎達とわずかな戦えるもの達しかいない。

港とは反対の場所に飛空艇は移動し、そこで今も避難が続いている。

この広場で時間稼ぎ、もとい倒してしまうのが光騎達の目標だ。

(でも、こんなものにどうやって……。)

想像できなかった。

光騎の描いていたドラゴンとは圧倒的に違う恐怖とリアリティ。

ギラリとしたドラゴンの目に逃げ出したくなる。

「決まったか?」

朔夜が問掛けた。

光騎は力無く首をふる。

「いくつか考えたんですがダメです。あれに勝つにはもっと違うものを想像しないと・・・。」

美綺達は黙って光騎を見守っている。

今は光騎を信じることしか出来なかった。

グルルルルルルッ――

火竜のうなり声。

胸が膨張し、火竜の口から赤色の暴力がこぼれでる。

「あれって、火を吐くんじゃ……!」

奏歌のひきつった声。

火竜はグンッと体を反らし、その凶悪な口を大きく開くと、紅煉の炎を吐きだした。

「逃げ……、いや、間に合わない!?」

貴人が叫ぶ。

広場へと迫りくる灼熱。

空気がチリチリと乾き、身を焦がす恐怖が体をすくませる。

(ここで!ここで怯んでいる場合じゃない!火竜は僕達の命を理不尽に奪おうとしているんだ!)

光騎は自らを奮い立たせる。

好きな人達を守るため、問答無用で襲いかかるものに逆らうため。

その心に思い描くのは盾。

地獄の業火をも消し去る、絶対炎防御の盾!

「その炎の息吹、消し去れーッ!」

天に突きだす腕から放たれた光は、トリオンに降り注ぐ。

魔術師ならば見えただろう、トリオンに描かれた膨大な対炎防御の魔術文字が。

火竜の吐き出した炎が消えゆく。

まるでそんなものが無かったかのように。

火竜は炎を吐き出そうとするが、ただ息を吐く音しかなかった。

「すごい……光ちゃんすげぇ〜♪」

ピョンッと光騎に抱きつく美綺。

魔術師だけに、今のが相当すごいということが解ったのだ。

「み、美綺姉、まだ喜ぶのは早いって。」

そう言いながらも、自分の思い通りに出来て嬉しい光騎。

「ふむ。」

朔夜はおもむろにマッチを取り出した。

一本取り出し、シュッと滑らせる。

火はつかなかった。

「火属性完全無効化の盾か。まぁ、盾というか結界みたいなものだが。」

「ほんとだ。俺のジッポも点かない。」

貴人も朔夜に倣いジッポを取り出すが火は点かなかった。

「大筒も使えないな。まぁ、ドラゴンには効かないだろうが。」

少し残念そうな朔夜。

「炎は封じたけど、まだこれから……。」

奏歌は呟いた。

楽観的にはとてもなれない状況。

ドラゴンの尾が時計塔を破壊する。

家屋が崩れる。


光騎はこの光景を目のあたりにして、怒りと悲しみに包まれていった。

(アレをぶっ飛ばすもの……それは……。)

光騎の脳裏にフッと浮かんだのはドラゴンに相対する巨人の姿。

一度浮かんだその映像が脳に焼き付いて離れない。

「きっと……これならドラゴンを倒せる!」

(自分が思い描いたものを信じるしかない。信じてくれている皆のためにも!)

「光ちゃん頑張れ!」

「光騎君頑張って!」

「お兄ちゃん信じてるよ!」

「光騎、おまえならやれるさ!」

「君の思った通りにやるがいいさ。」

光騎は美綺達の声援を受けながら光騎の鎧をイメージする。

それは巨大なる力。

それは魔力を貪るモノ。

それはソラを駆けるモノ。

光の粒子が空から降り注ぎ、収束していく。

目を閉じた光騎は心に湧いたその名を叫んだ。

「来い!零式ーッ!」

それはこの世界に具現した。

目を開けた光騎は見たこともない機器に囲まれたシートに座っていた。

まるでアニメやマンガで見たようなその場所は、妙に光騎に馴染んでいた。

『搭乗者ヲ確認シマシタ。脳波パターンノ測定ヲ開始シマス。・・・脳波パターンノ測定終了シマシタ。脳波パターンノ一致ヲ確認シマシタ。』

機械的な声が淡々と起動プロセスをこなしていく。

光騎わけがわからないままシステムが起動していった。

そして機器が光り始め、コックピット内が明るくなった。

『お帰りなさい光騎さん!』

先程の機械的な声とは違った、親しみのある女の子の声が光騎を出迎えた。

「お帰りなさい、って初めて乗ったんだけど……。」

もしかしてメイド喫茶のノリ?、と思った光騎。

『光騎さん寝惚けてるんですか?零式への搭乗回数は千を軽く超えてますよ?』

しっかりしてくださいよー、って感じで光騎に話しかける。

(てか、誰としゃべってんだろ……。)

光騎は思いきって尋ねてみることにした。

「ねぇ、君は誰?」

『何を言ってるんですかぁ?私は愛ちゃんですよ〜。AIだから愛ちゃんなんて安直な名前つけたの、光騎さんなんですからねー。』

「……。」

(どういうことだ?名付けた覚えはないし、AIなんて技術は元の世界にもまだ無い。これは一体……。)

『それより光騎さん。機体チェックの報告しますねー。』

「え?あっ、うん。」

マイペースなAIの愛ちゃん。

光騎が思考に埋没していてもほったらかしである。

『満身痩依ってやつです。センサーの感度は7割減。背部ウィング全壊、背部スラスターは一つだけ使えます。脚部スラスターは両足一つずつ生きてます。装甲に関してはほとんどが第3装甲まで壊れています。武器は頭部バルカンのみ。マナエンジンが無傷なのは奇跡ですねー。』

「真っ赤だね……。」

モニターに映しだされた機体のスペックデータは壊れた箇所が多すぎて真っ赤だった。

(と言ってもよくわからないことが多いからなぁ……。)

満身痩依であることだけは理解した光騎。

だが、満身痩依であろうがやらなければいけないことがある。

モニターに映し出された外の光景。

画面を支配するのは火竜の姿。

「ねぇ、愛ちゃん。」

『なんですか?』

「目の前のアレ、この機体でも倒せる?」

少しの沈黙。零式の目が火竜を見つめる。

『零式は光騎さんの手であり足であり体でもあります。だから、それを動かす光騎さん次第ではなんだって出来るはずです。そう、今までそうしてきたように……。』

愛ちゃんの言葉は光騎の心に染みわたった。

今までがどうだったかは知らない。

それでも零式とならなんでも出来そうな気がした。

(やってやるさ。)

勢いよく操縦悍を握る光騎。

その時、頭の中に操縦法が流れこんできた。

ガァァァァァァーッ!

火竜が自分の敵を認識した。

自分に害なすものを認識し、襲いかかる。

「うわぁぁぁぁー!」

零式が地を駆ける。

それはきっと、それが完全な時と比べれば鈍重としか思えない動きだったが、その走りの力強さは見るものを奮い立たせ、うつむいた顔を上げさせる確かな力があった。

一方、零式が出現して呆気にとられていた美綺達。

「……ロボット?」

美綺は首を傾げて朔夜に尋ねた。

「いや、たぶんロボットではないんだろう。光騎君はアレを『鎧』として認識しているはずだから。」

冷静な分析で答える朔夜。

「じゃあ、なんちゃらスーツ?」

「……まぁ、概念的にはそれだろう。それよりも気になるのは、あの損傷だ。」

「それは……、壊れてる姿をイメージしたからじゃないの?」

「確かにそうかもしれないが、壊れてる姿をイメージするのは完全なものをイメージするより難しいだろう。あの壊れ方はリアリティがありすぎる。」

「う〜ん、じゃあどうしてあんな風になってるの?」

美綺達は見上げる。

そこにいるのは青と黒の巨人。

幾度の戦いを経たようなその姿は痛々しくもあり、その傷を誇らしく思っているようにも見えた。

「きっと光騎君はアレを召喚したんだ。元の世界でもなく、この世界でもない、もっと違う世界から。」

朔夜は呟くように言った。

夢のような考えだったが、素直に納得してしまった。

(そう、何故かは分からないがアレはなつかしい気がするんだ……。)

朔夜は目を細めた。

「クッ、反応が悪すぎる!」

機体が思った通りに動かない。

動かすたびにモニターにエラーの表示が出た。

「愛ちゃん!このエラー、ってなんとかならないの!?」

『すみません、光騎さん。これで精一杯なんです。これだけの損傷度だと、私にはここまでです……。』

火竜の体当たりが零式を揺さぶる。

生きているスラスターでなんとか体勢を立て直した。

(今のも避けられない攻撃じゃなかった。反応の悪さも計算して動かさないと……!)

ガァァァァァァーッ!

火竜が腕を振り挙げて迫る。

鋭い爪が光を反射し、ぎらついた。

(バルカンで牽制!)

飛び退きながらバルカンを放とうとする。

しかし反応が無かった。

「なんで!?」

『原因不明です。炸薬に反応がありません』

「…あっ、そうか!」

自分の発動した盾の存在を思い出した。

(火薬を使うものは一切使えないのか!)

「じゃあ使える武器は無し!?」

『相手の装甲は硬そうですから、パンチやキックでは戦えそうにもありませんね。』

火竜の爪が零式の装甲をえぐる。

装甲の破片が飛び散る中、

「なんだあの役に立たんクズ鉄は。」

朔夜が毒舌をかましていた。

「なんとか援護出来ないかな?」

楽観的な性格の美綺もさすがにハラハラして見ていた。

「状況がわからんことにはな。それにヘタに近付くと踏まれる。」

「……。」

まだ、美綺達には見守ることしか出来なかった。

(でも、いつでも光ちゃんを助けられるように、目を離さない!)

「うわぁぁっ!」

装甲が剥がれる。

大量のエラーが表示され、機体のデータに危険な赤がまた追加された。

『光騎さん、大丈夫ですか?』

「う、うん、大丈夫!」

『胸部装甲、第3装甲が破壊されました。あと2層でコックピットが剥き出しになりますよ?』

「え!?そんな、どうにかしないと……。」

光騎はどうしたらいいかわからなかった。

火竜は丸腰では絶対に勝てず、撤退も許されない。

(一体どうすれば火竜に勝てる!?)

光騎はモニター越しに火竜をにらみつけた。



お気軽に叩いてやってください、喜びます(笑)


TOP
戻る