×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
戻る




「よぉ、ダイル。生きてるか?」

モンスターの大群が通り過ぎた。

荒れ果てた大地には、数十体に及ぶモンスターの死体が散乱している。

しかし、大群の数からすると微々たるものであった。

「……あぁ、二回ほど死んだがな。」

九条の問いかけに苦々しくダイルが答えた。

魔力を失った二つの復活の指輪。

砕けて風に消える。

「ははっ、俺は一回しか死んでないぜ。」

九条がダイルに勝ったと言わんばかりに言い放つ。

「マジかよ。やっぱり武器がなぁ……」

土埃を払いながらダイルが立ち上がる。

折れた大剣を拾いあげる。

しかし、ダイルはもう使えないと判断して放り捨てた。

そして九条の姿を探して、

「プッ!」

と吹き出した。

そこには片腕、両足が潰れてグチャグチャになった九条が横たわっていた。

利腕にはしっかりと刀を握っていたが、満身痩依である。

「……なんだよ。」

血を滴らせながらダイルを睨む九条。

「ギャハハハッ!ほとんど死んでるじゃねぇか!何が一回しか死んでないだっつーの!」

指差して笑うダイル。

「けっ、死にかけだろうと、生きてることには変わり無ぇだろ。」

血を吐きながら反論する九条。

あまり説得力は無い。

「いや、おまえ、それでどうすんの?神官がいるわけじゃないんだぜ?俺、運ぶの嫌だからな。汚れるし。」

ニヤニヤ笑うダイル。

九条は、肺に穴が開いてるがゆえ、痛みに顔をしかめながらため息をついて言った。

「殺してくれ。」

「はいよ。」

グシャッ。

ダイルは手近にあった棍棒で九条の頭を叩き潰した。

割れた頭蓋骨から脳漿が飛び散る。

眼球がこぼれ落ちる。

九条は間違い無く死んだ。

「……。」

ダイルはつまらなそうに血まみれの棍棒を捨てる。

そして、しばらくすると九条の体がうごめきだした。

九条の指の復活の指輪が輝き、九条を復元していく。

巻き戻しの映像のように、肉体が復元されていった。

さすがに着ているものまでは復元されない。

しかし、今、九条の姿は戦いに赴く前の怪我一つ無い姿であった。

「ふぅ……。」

首をコキコキと鳴らして、軽く柔軟をする九条。

復元後は、どうも体が固い感じがした。

「九条、お前これであと一回しか復活出来ないんじゃね?アオイ、ってやつに殺されて、今日二回死んで。あと一個しか指輪持ってないだろ?」

ダイルは自分はあと二つだと、指にはまった二つの指輪を見せた。

「ふっ、それはどうかな?」

九条はポケットに手を突っ込む。

出した手の平に乗っていたのは、三つの復活の指輪。

「うわっ、お前いつの間に手に入れたんだよ!?」

「この前潜った時。」

二つを指にはめる。

一つはもう一度ポケットの中へ。

「『勇者』ってかなり優遇されてるよな。」

羨ましそうに呟くダイル。

「そのぶん、色々背負わされるがな。さて、再挑戦といくか。」

刀を鞘にしまう九条。

柔軟も終えて、走り出す気まんまんである。

「武器買ってからな。俺、丸腰だし。」

死を恐れず、戦うことが自分達の道であるという二人。

再びモンスターの大群と対峙することを選んだ。

「……てか、追いつけんのか?」

「……。」

ダイルの言葉を無視して九条は走り始めた。

ダイルはやれやれといった感じで、九条に続いて走るのだった。

走り続けること、数時間。

二人は息を整えながら、破滅した村を見回る。

モンスターの大群は、ただ村へとなだれ込んだだけで、この村を滅ぼした。

抵抗らしい抵抗も出来ないまま、村人は全滅し、ボロクズのように転がる死体。

倒壊した全ての建物。

災害のように通り過ぎていった暴力は、どこを目指しているのだろうか。

「胸クソ悪ぃぜ……」

ダイルが吐き捨てるように言った。

「ダイル、使える武器を拾っていけ。潰れた武器屋にあるだろう」

淡々と言い放つ九条。

ダイルは九条の静かな怒りを感じとった。

倒壊した建物の柱やらなんやらを蹴飛ばし、武器を吟味するダイルと九条。

九条はもう一本、刀を手に取り、ダイルは大剣を手に入れた。

「なぁ、ダイル。皆殺しには皆殺しで答えてやろうぜ。」

「そりゃいいな。」

二人は獰猛な笑みを浮かべて、モンスターの大群を追った。

走る二人。

休みなく駆ける二人は、モンスターの大群の先回りをするべく、全力で向かった。

立ち塞がる木々を切り倒し、真っ直ぐに突き進む。

その甲斐あって、二人は先回りすることに成功した。

そこは、小さな村があった。

大群の通るだろう道。

「『勇者』としては死守?」

ダイルが笑いながら言った。

「ふっ、三回は死んでも大丈夫だ。」

九条も笑った。

そして、遠くから聞こえてくる足音。

地響きが絶望の音楽を奏で始める。

その時、二人の後ろから足音が聞こえた。

二人が同時に振り返ると、そこにいたのは青みがかった髪の青年。

手ぶらで軽装の姿は、この場にそぐわない。

「なんだてめぇ?」

ダイルが睨みつけながら青年へと詰め寄る。

「輝(アキラ)って名前です。とりあえず、邪魔なんで退いて下さいね。」

輝の物言いに呆気に取られるダイルの横を通り過ぎた輝。

しかし、九条が道を塞ぐ。

「おまえは何をやろうとしている?」

目を細めて問いかける九条。

輝は少し言葉を考えてから口を開いた。

「仲間の尻拭い、ってところでしょうか。ちょっと違うかもしれませんが、大体そんな感じです。ついでに、あなたの腰のものも貰いに来ました。」

あっけらかんと言い放つ輝。

「腰のもの……、『武御雷』のことか?」

「はい、その魔剣、いえ、魔刀ですかね。僕は魔剣集めをしてまして、ぜひ譲って頂きたいんですが……。」

「嫌だね。」

一瞬の迷い無く、言いきった九条。

「欲しけりゃ、力ずくで来いよ。」

ニヤリと笑う九条。

戦闘狂ゆえに、常に戦いを求める。

「わかりました。じゃあ、遠慮なく。」

ザワリと輝の気配が変わる。

発するのは明らかな殺気。

九条は瞬時に臨戦体勢へ移行する。

腰の武御雷へ手をやって、居合い抜きの姿勢へ。

輝はクスッと笑ってから、目を閉じ、その力を開放した。

「いつか見た風景、いつか見る風景、その名は『剣ヶ丘』!」

無数の剣が立つ丘が現れる。

朝焼けのような光が心に沁みるほど、その風景は心に焼き付く。

輝の手に現れるシンプルなデザインの剣。

しかし、内に秘めた魔力は未知数であった。

「ふっ!」

九条は武御雷を抜き放った。

常人では捉えきれないはずの速度で振るわれたそれは、あっさりと輝に受け止められる。

「剣の扱いで僕に勝とうなんて、まだまだ早いよ!」

数回、剣を合わせただけで力量の違いが明確になった。

九条はいつの間にか武御雷を打ち落とされ、剣を突きつけられていた。

ダイルは手を出すことも出来ず、奥歯を噛みしめていた。

「まだだ!」

九条は武御雷へと手を伸ばす。

輝は迷いなく九条の腕を切り落とすも、片腕で九条は武御雷を回収した。

「なかなか根性ありますね。」

「へっ、余裕だな。見せてやるぜ、こいつの力を!」

武御雷へ九条の精神力が注がれる。

放電を始める武御雷。

「あぁ、そういう能力ですか。なかなか強そうですね。でも、使わせませんよ。」

輝は剣を構えた。

「さぁ『テンペスト』、嵐でも呼んでみようか。」

一瞬で、テンペストと呼ばれた剣の魔力が高まる。

風が吹き荒れ始める。

九条は武御雷への力の注入を早めようとするが、間に合わない。

テンペストに風がまとわりつき、それはやがて嵐のような荒々しさを持ち始めた。

「一気にいこうか!」

それは竜巻。

輝が振り下ろした剣から放たれた暴風は九条を巻き込み、村へと迫っていたモンスターの大群をも吹き飛ばす。

「グッ、ガァァァァ!?」

四肢が千切れる。

九条は意識が途切れる中、輝の正体を考えていた。

(……魔剣使い、いや、そんなクラスは存在しない、……そうか、あれが……魔法剣……を……司る……お…………。)

そこまで思考したところで九条は息絶えた。

「ちっ!俺はそう簡単には!」

ダイルが大剣を輝へ向けた。

「大技使うと、丸一日使えなくなるのが弱点だよなぁ。」

輝の手からテンペストが消える。

ダイルの大剣が輝へと振り降ろされる、が、

「次は、『インフェルノ』でいこうか。」

現れた剣を大剣と合わせる。

インフェルノの灼熱の刃が大剣をバターのように溶かした。

「クッ!?」

ジュッと手が焦げた。

一度の交錯でそれほどの熱量が伝わった。

ダイルはこの脅威に対し、思わず距離を置くため後退。

その一瞬の隙が命取りだった。

「『インフェルノ』、燃やしちゃおう。」

ゴルフのスイングのようにインフェルノを振り上げた。

溢れる灼熱の業火。

サラマンダーすら逃げ出すような熱量がダイルを襲う。

ダイルは悲鳴を上げることも出来ずに、炎に包まれ灰になった。

「さてと、武御雷ゲットだね。」

輝は武御雷を拾いあげて、『剣ヶ丘』に登録した。

そして、テンペストの攻撃で多少は減ったものの、怯むこと無く迫るモンスターの大群を見た。

「とりあえず、試してみようか。」

早速、登録したばかりの武御雷を取り出す。

二、三度振って感触を確かめる。

輝は新しいおもちゃを手に入れたような表情をしてから、大群を見据えて構えた。

居合いの構え。

「響け『武御雷』、斬り裂け雷鳴!」

神速で振り抜いた。

刀身から放たれた斬撃は雷を帯び、モンスター共を感電させながら斬り殺した。

当初の半分以下へと減ったモンスター達は、ついに立ち止まる。

そして、散々になっていき進行をやめてしまった。

「ま、一時の時間は稼げたかな?」

輝の手から武御雷が消える。

剣ヶ丘も消え去り、静けさだけが残った。

輝は次の魔剣を探しに立ち去った。

「……よぉダイル、生きてるか?」

九条は復活の指輪で生き返っていた。

「……あぁ、灰になってたがな。」

ダイルも同じく生き返っていた。

二人は、しばらく倒れたまま空を見上げていた。

「……上には上がいるもんだな。」

ダイルが呟く。

「けっ、あの野郎近い内に見下してやるぜ。必ずな!」

決意を空に違う九条だった。



お気軽に叩いてやってください、喜びます(笑)


TOP
戻る