×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
戻る




「あっ、九条さん。」

巨人から少し離れた森の中で麻衣は九条を見つけた。

「おう。麻衣たん、怪我は無さそうだな。」

二人は次の作戦のために合流した。

九条が考えた次の作戦にコキュートスの力が必要だったから。

「巨大な氷の杭を作るんだ。巨人の足が見えたら生成して一気に突き刺す。そのまま地面に縫いつけて足止め完了ってわけさ。」

コキュートスの射程の関係上、巨人が通る進路上に待機。

万が一に備えて、麻衣の安全確保のために、九条はヘブンズドアーを抜いておいた。

「上手くいくでしょうか……。」

茂みに伏せながら不安そうな声を出す麻衣。

「気楽にいこうぜ。大丈夫、例え失敗して取り逃がしたとしても、生きてさえいれば再チャレンジ出来る。それに、『勇者』は俺達だけじゃない。いざとなったら他のやつらに任せよう。」

その言葉に、麻衣は光騎達を思い出した。

(……光騎さん達、今頃、何をしているんだろう。……会いたいなぁ。)

コキュートスを握り締める。

冷たい感触が返ってきたので、思わず握る力を弱めた。

ズンッ、ズンッ―

近付く足音が、麻衣の思考を中断させた。

「来たか……。」

九条は麻衣に目で合図を送る。

麻衣は頷いて、いつでも動けるように身構えた。

身を隠した茂みから、巨人の足が見える。

コキュートスの力を発動させようとしたその時、

「どりゃあぁぁぁ!」

と、どこかで聞いたような叫び声が上のほうから聞こえた。

『えっ?』

思わずハモった声を上げた二人は、声のほうを見た。

ダイルが高い木の上から巨人に向かって飛んでいた。

巨人の腕にナイフを突き刺し、ロッククライミングのごとく登ろうとしている。

二人がその光景を唖然として見ていると、巨人はもう一方の腕を伸ばしダイルを指でつまんだ。

「イタタタタッ!内蔵潰れてるって!」

血を吐きながら、ダイルは巨人の眼前へと運ばれる。

「あっ!あっ!ダ、ダイルさんが!?」

麻衣が何をどうしたらいいかわからず、ただ焦った声を出すだけ。

「麻衣たん!見ちゃダメだ!」

九条が麻衣の前に立ち塞がろうとした次の瞬間、ダイルは巨人に喰われた。

ガリッ、ゴリッ、バリッ、ベキャ、グシュ、ブチュ、グチャ……。

麻衣の『鷹の目』は、ダイルの体が砕かれていく様を、正確に捉えていた。

巨人の歯の隙間から溢れ唇を濡らす血。

滴る血を巨人は美味そうに舌で舐めとる。

「……っ!?」

その仕草がとてつもなく勘に障って、止まっていた麻衣の頭の中が真っ赤に染まった。

「うわあぁぁぁああぁぁぁぁあっー!!!」

九条の横をすり抜け、疾風の如く走り出す麻衣。

巨人の前へと立ち塞がり、グングニルを体が千切れそうになるほど引き絞り、放つ。

凄まじい速度で放たれたグングニルは、巨人の顔へ向けて大気を斬り裂いて飛ぶ。

『刀夜の盾』を貫き、巨人の目玉へと突き立った。

『ギャアァァァ!?』

巨人が産まれて初めて感じた確かな痛みに、叫び声をあげた。

「麻衣たん!一旦下がるんだ!、って寒いな、おい!」

九条が麻衣に近付こうとすると、体を突き刺すような冷気が辺りを漂っていた。

麻衣がコキュートスを構えていた。

「はぁ、はぁ、はぁ……。」

ありったけの精神力がコキュートスに注がれる。

コキュートスから溢れ出る冷気が、麻衣がやろうとしていることの凄まじさを物語る。

巨人が残りの目玉で麻衣を睨みつけた。

そして、麻衣を狙って腕を振り上げる。

『ウオォォォォッ!』

振り下ろす拳。

麻衣は上段へとコキュートスを持ち上げ、その力を放つべく振り下ろした!

「氷柱槍!」

その名の通り、城さえ支えられそうな、柱のような太さを持つ、鋭き氷の槍が放たれた。

それは麻衣へと迫りくる巨人の拳を貫き、そのまま巨人の右胸を貫き空へと突き抜ける。穿たれた穴から真っ青な空が見えた。

『ガァァァァッ!?』

ドス黒い血が降り注いだ。

耳障りな悲鳴をあげる巨人。

(……ははっ、空は晴れてるのに、雨が降ってるみたい……。)

精神力を使い果たした麻衣は気を失った。

「麻衣たん!」

倒れかけた麻衣を九条が支える。

気を失っているだけなのを確認して、安心した九条は麻衣を背負った。

『アァァ!ガァァ!』

痛みに、ダダッ子のように腕を足を暴れさせる巨人。

地面はえぐれ、木々が倒される。

「なんつー、生命力だよ!まだ死なねぇのか!」

麻衣を片腕で支えながら、もう片方の手にヘブンズドアーを持つ。

そして、向かってくる、木、岩、ありとあらゆる麻衣に害を成すものを、空間を斬り裂いて受け流す。

(へっ、後で小屋の掃除が大変だな。)

次々と小屋に送りながら、巨人から離れようと走る。

しかし、巨人は九条達を見逃さなかった。

足を踏み出す巨人。

巨人の一歩は、九条達との距離をかなり縮めた。

「逃げきれないか!小屋へ撤退するか?」

そう考えて目の前の空間を斬ろうとした時、それは聞こえた。

ズドンッ!!!

その鼓膜を破りそうな音に振り向くと、巨人の腹に大きな穴が開いていた。

『ゴハァァッ!!?』

大きい口から黒煙を吐き出す。

辛うじて繋がっていた腹の肉がブチブチと音を立てて、巨人の自重に耐え切れずに前のめりに倒れ上半身が地に落ちた。

地響きが鳴る。

木々を押し倒し、地に横たわる巨人。

下半身は後ろのめりになって倒れた。

「ははっ!やってくれたかダイル!」

九条は砂埃を払いながら、巨人の体へと近付く。

巨人は時折、痙攣をするだけで動き出す気配は無かった。

九条は麻衣を背負ったまま、身軽に巨人の腹の部分へ辿り着く。

グズグズになった腹の肉がうごめき、中から這い出してくるものがあった。

「ぺっ、ぺっ!不味いな、こいつ。」

巨人の血にまみれたダイルが現れた。

「おまえ、特攻するなら前もって言っとけよな。麻衣たんがトラウマになったらどうすんだよ。」

「いやぁ、俺としてはもっとスマートに殺るつもりだったんだけどさー。」

巨人の腹を吹き飛ばしたのは、爆発石。

この前ダンジョンに潜った時に見つけたものだ。

本当は眼前に持ち上げられた時点で巨人の口に投げつけ、頭を吹き飛ばすつもりだったダイルだが、巨人に抓まれた時のダメージが思ったより大きくて失敗した。

しかも、ダイルごと爆発石を口に入れたくせに、爆発石を偶然にもかじることの無かった巨人。

爆発石はそれ自体にダメージを与えなければ爆発を起こさない。

だから、飲み込まれて巨人の胃液で溶かされたダメージが与えられるまで爆発を起こさなかったのだ。

そして腹が吹き飛んだ後、ダイルは復活の指輪の効果で蘇生した。

「タイミングが悪かったら、俺も爆発に巻き込まれてたかもな。」

ガハハハッと笑うダイル。

「それはシャレになんねーなぁ。」

穴だらけのダイルの作戦に身震いする九条。

とりあえず、巨人の息の根を止めるために刀を抜いた。

「麻衣たん、預かろうか?」

「ダメだ。今、お前、汚い。」

「むぅ。じゃあ、俺がトドメを刺すから、刀を貸してくれ。」

「ダメだ。今、お前、汚い。」

「むぅ……。」

すごすごと引き下がるダイル。

すごく残念そうだ。

九条は巨人のこめかみに刀を突き刺した。

かきまわすように動かしてトドメを刺す。

そして巨人は完全に動かなくなった。

刀を引き抜き、血を振り払う。

「……じゃ、帰るか。疲れた。」

刃こぼれしてボロボロになった刀を放り捨てて、麻衣を背負いなおす。

「あー、何回生き返っても慣れんなー。二日酔いみたいな感じがするぜ。」

ぐぐー、と伸びをしてあくびをするダイル。

今日は疲れたので早々に眠りたかった。

「……小屋に帰ったら掃除だ。てか、たぶん大掃除。」

げんなりした表情の九条。

「は?なんで?」

ダイルは喰われていたので事情を知らない。

事情を聞かされただけでぐったりした。

「寝てからでいいんじゃね?」

「麻衣たんが起きる前にやっちまおう。お前はそれをする義務がある!あんな美味しく喰われてる場面なんてトラウマものだろうが!罰だ、罰!てか、死んだと思われてんぞ、お前!」

一気にまくしたてる九条。

「しまった!そこまで考えてなかった!ごめんよ、麻衣たん!あわあわ、どうしよう!?俺、ちゃんと足あるから!」

テンパり気味のダイルは、頭をかかえたり、手足をダバダバさせたり忙しそうに焦る。

「……とりあえず、小屋に帰ろう。」

「……そうだな。」

九条のヘブンズドアーで帰路に着いた。



麻衣がベッドの上で目を開けた。

九条とダイルは寝顔を覗いていたので、勢いよく飛び退いた。

「ま、麻衣たん、大丈夫か?」

九条が声をかける。

麻衣はその問いかけには答えず、ダイルのほうを見ていた。

「ダ、ダイルさん、生きて、る?」

信じられないものを見たような麻衣の瞳。

「え?俺?死んでない、死んでない。気のせいじゃね?」

うさんくさい言い方で麻衣の言葉を否定。

九条はとりあえず、ダイルを叩き倒した。

ちなみに二人は麻衣が目を覚ますまでに、全力で小屋を掃除した。

証拠に小屋の外には、折れた木やら、岩やらがある。

「実はな、麻衣たん、俺達、こういうアイテムを持っててな……。」

九条は自分の指にはめられた復活の指輪を見せた。

能力の説明を始める九条。

指にはめた対象を、はめた時点での状態へと蘇生させる指輪。

副作用として、対象は何かを失う。

一度使用すると壊れて使用不可になる。

「俺はこれを使って5回生き返ったことがある。一杯手に入ったからな。だが、『勇者の武具』を5個失った。俺は今、レベル6だから、6個使えるはずなんだが、ヘブンズドアーしか使えないのは、そういう理由がある。」

「俺は存在力と、過去の記憶だな。レベルがなかなか上がらないのは復活の指輪が原因でもある。記憶のほうは大して困らないから問題なし。」

笑うダイル。 麻衣はそれが凄く悲しいことだと感じて、とても悲しくなった。

「もう一つ副作用があるんだが、復活の指輪を麻衣たんに使わせるつもりは無い。だから教えなーい。」

九条は笑った。

麻衣は九条が絶望的であればあるほど笑うことを知っていた。

沈黙。

「まぁ、あの巨人を倒したんだ。それを喜ぼうぜ。」

ダイルが豪快に笑う。九条もさっきとは違う笑みを溢した。

麻衣も笑った。

「それにしても……。」

麻衣が何か合点がいったかのように呟く。

「ん?」

「私、二人が同じ指輪をしてたから、てっきり、ただならぬ関係かと……。」

『違げーよ!!!』

麻衣の全力の勘違い。

魂からの否定の叫びが森にこだました……。



お気軽に叩いてやってください、喜びます(笑)


TOP
戻る