×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
戻る




……何か温かいものに触れている。

それは不快なものなんかじゃなくて、慈愛に満ちた優しいもの。

私はゆっくりと目を開けた。

ここはどこ?

一体、私は何をしていたんだろう?

「目が覚めましたか?体調はいかがです?」

目の前には柔和な笑顔を浮かべた女の人。

どうやらこの人に膝枕されてるらしい。

綺麗な人だなぁ、と思って眺めていると、次第に記憶が鮮明になっていった。

「私、確かモンスターに……。」

しかし、どこも痛む場所も無く、五体満足である。

「我々が偶然通りかかったんだ。君は喰われる寸前だったよ。間一髪だった。」

目線を横にやると、たき火のそばにとても理性的で端正な顔をした男の人が。

「傷も癒しましたよ。解毒もね。」

女の人の言う通りで、体の異常は無かった。

私が起き上がろうとすると、女の人はそれを制した。

「体力のほうはまだまだ回復していないようですから、まだ寝ていて下さい。」

「は、はい……。」

膝枕されているのが、少し居心地悪い感じだった。

いや、決して悪いのではなく、恥ずかしいのである。

「あの、それで、皆さんはどういった……」

皆さんと言ったのは、人数が多かったから。10人である。

そして、皆が白の外套を纏い、十字架に似た刺繍があった。

「我々は神官や神官戦士で構成された、派遣討伐神官団だ。今回の任務はこの森のモンスターを駆逐することなんだ。」

「だから、私達は任務でこの森を探索していて、あなたを見つけることが出来たのよ。」

男はグレットと名乗り、女はユイリと名乗った。

他のメンバーも名乗ったが割愛。

「我々は定期的にこの森のモンスターを狩っているんだ。この森はたくさんのモンスターが巣食っている。そいつらが近隣の町や村に 被害を及ぼさないように間引きをする必要があるんだ。」

たき火の火をいじりながらグレットさんが語る。

「それにしても驚いたよ。この先を偵察に行かせたら、モンスターがたくさん倒されていた。君が倒したんだろう?その装備でよく戦 えたよ。」

私はグレットさんに称賛されてなんだか微妙な気分だった。

「……そんな、私はただ生き残るために戦ったんです……。」

私は正直な気持ちを言葉にした。

「しかし、それで民は救われるはずだ。我々も君のおかげで使命を遂げやすくなる。」

「……使命ですか?」

グレットさんが頷く。

「我々の宗教は救世主信仰なんだ。そして、今はこの森のモンスター討伐と同時に救世主を探しているというわけだ。」

「別世界からの召喚者が活躍するこの世界では、流行るべくして流行った宗教ですね。」

ユイリさんが付け加えるように話す。

「……はぁ。」

正直、宗教がどうのとかいう話は興味が無かったが、グレットさん達がどうしてここに来たかは分かった。

その日はグレットさん達のパーティーに入れてもらい、休ませてもらった。

次の日、グレットさん達はこのまま森の奥へと進むみたいで、ここでお別れだ。

「すっかりお世話になりました。ありがとうございました。」

私はグレットさん達に頭を下げる。

「頭を上げて下さい。我々があなたを助けるのは当たり前のことなんですから。」

「え?」

グレットさんは微笑みながら、

「麻衣さん、あなたも召喚されたのでしょう?」

「……えっと、解っていたんですか?」

私は驚き半分、とまどい半分で尋ねる。

「えぇ。格好や言動もそうですが、この森をたった一人で3日も生き残れるのは、能力の高いあなたがたぐらいですから。」

「あ、あの、私は救世主なんてものじゃなくて……。」

「大丈夫です。一応、あなたも候補なんでしょうが、探索対象はあなたではありません。ですが、私達に出来るだけの支援はさせてもらいますよ。」

ユイリさんはそう言うと、白い外套を取り出した。

ユイリさん達が身に付けているものとは違い、刺繍が無い。

「これは、火と冷気から体を守る魔力が秘められています。この森ではあまり役に立たないかもしれませんが、使って下さい。」

「えっ?えっ?」

今度はグレットさんが短剣を取り出した。

「これは魔力が込められた短剣です。相手がドラゴンでも無い限り歯こぼれはないでしょう。斬れ味も折り紙つきです。」

外套と短剣が手に持たされた。

他の人からも回復薬、解毒薬、銀の矢、保存食、エトセトラ……。

いつの間にか何かよくわからないものまで持たされていた。

「こんなに色々……、もらえませんよ!」

私の言葉にユイリさんは笑みを浮かべてこう言った。

「受け取って下さい。私達の宗教上の勝手な気持ちもありますが、あなたに生きてもらいたいという意味もあるんですよ。この世界に勝手に召喚されて、戦いを強いられる。恐らくは戦いとは無縁の場所から来たんでしょう?」

私は頷く。

グレットさんが言葉を繋いだ。

「申し訳ないんです。我々の力だけで平和を得られないことに。だから許されはしないでしょうが、あなたを助けたいんです。」

真摯な目で気持ちを語るグレットさん。

「……そうですか。分かりました。ありがたく使わせてもらいます。」

私は礼を言って受け取ることにした。

一方的に召喚されたとはいえ、この人達のために、こんな心を持つ人達のために、少し頑張ってみようと思った。

「我々はこれで行きます。また、会いましょう。探索が終わればリプルという国にいますんで、気が向いたら訪ねて下さい。」

グレットさん達が去っていく。

私はグレットさん達の背にもう一度だけ礼をして、荷物を抱えて出発した。

さぁ、この森を脱出しよう……。



お気軽に叩いてやってください、喜びます(笑)


TOP
戻る