×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
戻る




カツン、カツン―

足音がやけに響く迷宮内部。

外よりもひんやりとした空気が暗闇を引き立たせる。

松明の炎が頼りなく揺らめいて、麻衣達の周囲を遠慮がちに照らした。

先頭に立っているのは九条。

松明を掲げ、警戒しながら進んでいく。

真ん中には麻衣。

今日は髪をまとめて戦闘モードである。

最後尾にダイル。

実力的に真ん中(三人の中で一番弱いから)なのだが、そこは男としての意地で殿を務める。

「……来るぞ。」

モンスターの気配を感じた九条が警告を発した。

後ろの二人が戦闘に備えて身構える。

前方の暗闇から、赤い目玉が不気味浮かびあがった。

『グルルルゥッー!』

唸り声が回廊にこだました。

九条は松明を片手に持ちながら、片方の手で刀を抜き放つ。

モンスターが暗闇から振るった爪攻撃をそれではじいた。

明かりの届く範囲に姿を見せたのはキメラ。

ライオンをベースにコウモリの翼、蛇の尾、角はバッファロー、硬い鱗まで備えていた。

「見た目は動物図鑑に載ってそうなもんで揃えてやがるが、実際のところはわからんねぇな。二人共、気を付けろよ!」

二人は頷いて、剣を抜き臨戦体勢へ。

キメラは大きく息を吸い込み、勢いよく吹き出した。

それは、燃え盛る炎。

「ブレス!?」

来ると思っていなかった攻撃に対応が遅れる九条。

とっさに前へ出たのは麻衣だった。

コキュートスをかざして力を解放した。

「桜吹雪!」

氷の粒が舞い散る桜のように炎へと降り注いだ。

キメラのブレス攻撃を相殺すると、そのまま攻撃へと移る麻衣。

素早く周りこんで、コキュートスで胴体を斬りつけた。

「くっ!、硬い!?」

鱗が想像以上に硬く、刃を通さなかった。

キメラの反撃を避わしながら、チラリとダイルのほうを見た。

「よし、任せとけ!」

麻衣の意図を読み取ったダイルは大剣をかついで、いつでも動けるように構える。

三人の中で一番攻撃力が高いのはダイル。

鱗の防御力を突破するために、ダイルの攻撃へと繋げるための連携動作に入ったのだ。

「いいところを譲ってやるんだ、しっかり決めろよ!」

「わかってら!」

九条は正面へ立ちはだかりキメラを引き付ける。

爪攻撃を刀と松明でうまく捌いている。

麻衣は短剣を抜き、一瞬にして尾の蛇を斬り落とした。

『ギャアッ!』

キメラの悲鳴。

隙が出来た瞬間、ダイルが走り出した。

九条はキメラの片腕を斬り落とし、松明でキメラの顔を焼いた。

麻衣は短剣を投げつけて、後ろ足を地面へと縫いつける。

「とうっ!」

地を蹴り、高く跳び上がったダイル。

大剣を大きくふりかぶり、一気に降り下ろした。

「どりゃあぁぁぁ!」

ダイルの剣は硬い鱗をものともせずに、胴体を真っ二つに斬り裂いた。

『グギャァァッ!!』

耳障りな断末魔を残して息絶えるキメラ。

三人はハイタッチで健闘を称えあった。

「ちょっと強いのが出てきたな。」

刀をしまいながら九条は言った。

現在、それなりに深い階層にいる三人。

浅い階層ならば、個人の力で十分だった。

しかし、この辺りになると連携で相手をしないと、手強いモンスターが出現するようになっていた。

「あぁ。だが、それに見合ったお宝が手に入ったんじゃね?」

キメラの背後には突き立っているものがあった。

「槍ですね。」

白が基調の厳かなデザインの槍。

麻衣の身長より長かった。

『いらねぇな。』

九条とダイルは声を合わせて、残念!という顔をしている。

「え?でも、なんか強そうですよ?」

それはかなりの存在感があった。

もし、美術館に飾ってあったとすれば、立ち止まって見入ってしまいそうなものである。

「槍使わないしな。」

「俺も。」

刀をくれ、という九条と、大剣をくれ、というダイル。

「まぁ、とりあえず持ってくか。麻衣たんが使うならそれでいいし、使わないなら売っ払えばいいしな。」

地面から槍を抜く。

「なぁ、そろそろ帰らねぇ?腹減った。」

確かに随分長い間潜っていた。

適当なところで食事を取りながら進んだが、丸一日が経つ頃だ。

「帰るか。麻衣たんもOK?」

「はい。でも、帰りも同じ道のりを行くんですよね……。」

げんなりとする麻衣。

しかし、九条は得意気な表情を浮かべた。

「ここで『勇者』の出番、ってわけだ。」

「そういえば、九条さんもクラスが『勇者』でしたね。でも、何の関係が?」

不思議そうな表情の麻衣。

「『勇者の武具』を使うんだ。見てろー。」

九条は右手を虚空にかざした。

光の粒子が集まり、九条の思い描くものが形成される。

その手には短刀が具現化した。

「ヘブンズドアー。」

九条は器用にクルクルッと手の中で回した。

「刀なのに英語の名前って、なんだかちぐはぐですねー。」

「いや、いい名前が思いつかなくて……。」

麻衣の一言に少し落ち込んだ九条だった。

気を取り直して、説明を始める。

「その辺の空間を斬って、別の空間と繋げる刀だ。問題は、行き先が限定されてて、いつもの小屋にしか繋がらない。」

「今は便利ですけど、汎用性が問われると微妙ですねー。」

「ちょっと高レベルなものを要求した代償というか、まぁ、レベル不足というか……。」

またしても麻衣の一言に軽く落ちこむ九条。

「まぁまぁ、九条の爪が甘いのはいつものことじゃないかー。」

ダイルが追い打ちをかけた。

「けっ、さっさと帰るぞ!」

ふてくされ気味の九条は、スパッと空間を斬り裂いて小屋への道を繋いだ。

三人は小屋へと帰還した。

「さて!お宝の鑑定しようぜ!機嫌直せよ、九条!」

ご飯を食べ終わって上機嫌のダイルは、テーブルの上に手にいれたものを広げた。

「別に、いつも通りだっての。」

九条も鑑定を楽しみにしていたので、内心はウキウキしていた。

「鑑定、ってどうやるんですか?」

興味津々といった感じの麻衣は、お行儀良く椅子に座って様子を見守っている。

「ふっふっふー、それはな、これを使うんだぜー。」

ダイルはシンプルなデザインの眼鏡を取り出した。

「アナライザー、っていう、まぁ、名前のまんまの眼鏡だ。それを掛けると、対象の詳細な情報が解る。」

それも、以前ダンジョンで見つけたものだと説明する九条。

そこで九条は良いことを思いついた。

「麻衣たん、やってみたら?てか、やれ。」

なぜか命令系の九条。

「あっ、やってみていいんですか?」

特に断る理由も無いので、ダイルからアナライザーを受け取った麻衣は、早速それをつけてみた。

「眼鏡っ子、降臨!」

「眼鏡っ子、豪誕!」

麻衣のよくわからないところで、異様に盛り上がる二人。

とりあえず、麻衣は手にいれたものを一つ一つ、視ていった。

手にいれたアイテムは以下の通りである。

武器化の指輪
盾化の指輪
爆発石
収納の小手
聖槍グングニル
その他、換金アイテム

「この槍、かなり良いものでは?」

眼鏡っ子の麻衣が二人に尋ねる。

「うむ。でも使わないけどな!」

「麻衣たんにプレゼントするぜ!」

槍より眼鏡っ子麻衣に夢中な二人だった。



お気軽に叩いてやってください、喜びます(笑)


TOP
戻る