×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
戻る




膝から崩れ落ちる泉の精霊。

荒い呼吸が戦闘の激しさを物語る。

雅輝は油断なく、まだ構えを解かない。

「まだよ!まだワタシは負けてないわぁ!」

泉の精霊が気力を振りしぼり立ち上がる。

「次が最後の一撃になりそうだな……。」

お互いに全力をぶつけあい、わずかに雅輝が優勢に見えたが、ほぼ互角と言っても過言ではない戦いだった。

「……えぇ、次の一撃にワタシの全てを込めるわ。」

不敵な笑みを浮かべる泉の精霊。

雅輝も同じようにニヤリと笑った。

その頃、少し離れた所で復活したシロウとリーアがお茶をすすりながら観戦していた。

「なんかあれですね、むさくるしいですよね。」

シロウが身も蓋も無いことを言った。

「熱血ですねぇ〜♪」

シロウのティーカップに二杯目を注ぎながらリーアは微笑む。

「そもそも、なんで先生はあんなに戦えるんですかねぇ?クラスは無いし、レベルも高くないでしょうに。」

シロウはリーアの手作りクッキーをつまみながらしゃべる。

口からボロボロこぼしているのはお約束だ。

「素で強いんでしょうね〜♪もしくは泉の精霊さんのほうが合わせているかです。」

シロウの口元を拭いながら答えるリーア。

2人は和んでいた。

緊張感は高まり、雅輝と泉の精霊の周りの雰囲気を変えていく。

ピリピリとした空気。

何かがきっかけでこの空気は断ち切られる。

「……ゴクリッ。」

見入っていたシロウの喉の音がやけに大きく響いた。

「うおぉぉぉーっ!」

「きえぇぇぇーっ!」

二人が動きだす。

「砕け散れ!ビックバン・トルネード!」

「貫け!ジェネティック・バイオレンス!」

2人の叫びが響き渡る。

そしてお互いの必殺技が、お互いの腹に直撃した。

「必殺技と言っても、単なる右ストレートですけどね〜♪」

「技の名前とか、かなり適当だよね。」

リーアはあははー、と笑いながら深くはつっこまなかった。

シロウは半眼で茶をすすっていた。

雅輝と精霊はお互いの腹に拳をめり込ませていた。

そして、崩れ落ちたのは精霊のほうであった。

「……ぐふぅ、ま、負けたわ、完敗よ……」

精霊は苦しそうにうめく。

雅輝は精霊に反撃の意思が無いと判断すると構えを解いた。

「おまえもなかなか歯応えのあるやつだったぜ。」

雅輝がさわやかに笑った。

拮抗した戦い、一瞬たりとも気の抜けない戦いをしてストレスを解消した感じだ。

「ようやく終わりましたねー、リーアさん。」

すっかりくつろいでいたシロウ、なんだかよくわからない、先程のトラウマが嘘のようだ。

たぶんリーアのメイド成分に癒されたのだろう、いや、癒されたに違いない。

「あっ、お二人が握手してますよー。友情でも芽生えたんでしょうか?」

雅輝と精霊が固い握手をかわしていた。

死力を尽くして戦った男達(片方はゲイだが)には言葉など不要だった。

「……うふっ、まだワタシの仕事は終わってないわ。」

よろめきながらなんとか立ち上がる精霊。

雅輝は無言でたたずむ。

「ワタシを倒したものにはご褒美をあげなくちゃいけないの。それがワタシ達、泉の精霊の役目なのよ。」

そう言って、精霊が呪文のような言葉を呟くと、その手には一振りの剣が現れた。

「それは?」

「これは『嵐を呼ぶ剣』よ。これをあなたにあげちゃうわん。」

精霊が差し出した剣を雅輝は受け取った。

その剣は凝った装飾こそないにしろ、無機質な外見からは考えられないほどの魔力が込められていた。

「あのぉ、それ、本当に『嵐を呼ぶ剣』なんですか?」

いつの間にか雅輝の隣に現れたリーアが剣をまじまじと見つめて言った。

「えぇ、正真証明本物よ。泉の精霊の名に賭けて誓うわ。」

ありふれんばかりの自信を持って精霊は言い放つ。

「あの『嵐を呼ぶ剣』がこんなところにあるなんて驚きですねー」

気がつけばメガネをつけたリーアが剣を品定めしていた。

「眼鏡っ娘メイド!ちょっと気弱なドジッ娘メイドに早変わり!」

テンションのやたら上がったシロウ。

すごい勢いで万歳している。

「風属性ですね。かなり魔力が込められてますよ。」

リーアはメガネを取り替える。

今度はきつめの印象を与える物だ。

「おぉっと!現れたのはメイド長!失敗したメイドにお仕置きを与える頂点メイド!その足で踏んでぇ!お仕置きされてぇー!」

最高潮のシロウ。

目がイってしまっている。

とりあえず、誰もシロウにツッコまなかった。

「まさしくこれは、伝説の七剣の一つ、『嵐を呼ぶ剣』のようですね。」

鑑定を終えたリーアはメガネをしまう。

いつものリーアに戻った。

少し残念そうなシロウだった。

「そういうことよん。ワタシは消えるけど、その剣を見るたびに思い出してねん♪」

精霊の体が光の粒子に分解されていく。

「死ぬのか?」

雅輝が無表情に尋ねる。

精霊は笑みを浮かべながら頷く。

「それがワタシ達、泉の精霊の宿命よ。でも死ぬのとはちょっと違うかもねん。ワタシ達は還るのよ。」

足から分解されていき、もう胸の辺りまで分解されていた。

「最期にいい戦いが出来てよかったわ。……ありがとう……。」

もう首から上しか残っていない。

……かなり不気味である。

「じゃあな。」

雅輝が笑って見送る。

「えぇ、さよなら。」

精霊は笑って逝った。

光の粒子が天に昇り、散っていった。

「……。」

雅輝が押し黙る。

なんとなく声をかけづらい雰囲気。

雅輝はズボンのポケットから煙草を取り出し火をつける。

うまそうに吸ってから口を開いた。

「つーか、この剣、いらねぇなぁ。」

「えぇー!?先生、なんかしんみりした感じだったじゃないですか!形見っぽい感じで持っとくのがスタンダードでしょう!?」

「だってあいつキモいし。」

「うわぁ、正直者だ・・・」

身も蓋もない雅輝だった。

「これ、おまえにやるから。おまえが代わりにあいつのことを覚えていてやれ。」

剣をシロウに渡す。

「俺もいらねぇっす」

と言いつつも、もらえるものはもらっておくシロウだった。

しばらく休憩してからベンドを目指すべく、また3人は森を進む。

枯れ木を踏み折りながら歩を進めていると、

「ぶっちゃけ、このメンバーだと剣って、いらないですよね。」

シロウがボソッとそんなことを言った。

雅輝は、確かに、と頷く。

雅輝は無手、シロウは銃、リーアは……よくわからないが、剣はいらないメンバー構成である。

「持て余すなら売っ払っちまえ。」

雅輝が言い捨てる。

完全に興味を失っているのだった。

「売る、って言ってもベンドまでいかないとどうにもならないっすよ。てか、重くて邪魔になってきた……。」

軟弱なシロウには重たかった。

弱音を吐きつつも、頑張って歩いていた時、右斜め前方の茂みがガサガサッと動いた。

3人が立ち止まって様子を見ていると、人が出てきた。

「こんにちわー。」

青みがかった髪の青年が現れた。

人当たりの良い笑顔を浮かべて3人に近づいてくる。

「なんか怪しいやつだな。」

雅輝は警戒心剥き出しで青年をにらむ。

「笑顔がうさんくさいっすね。」

シロウもなかなか厳しいことを言う。

リーアは普通に挨拶を返していた。

常識といえば、まぁ、常識である。

「いやぁ、怪しくなんて無いですよ。実は頼みたいことがありましてね。」

青年は手を挙げながら用件を語る。

敵意は無いという意志表示だ。

「言ってみろ。聞くだけは聞いてやるぜ。」

雅輝は大仰に言う。

シロウはうんうんと頷いた。

リーアは笑顔で事態を見守るだけだ。

「じゃあ言うだけ言ってみますよ。あなた達が持つ『嵐を呼ぶ剣』を譲ってもらえませんか?もちろんタダでとは言いません。相応の代価は払いますよ。」

青年の言葉に、雅輝とシロウが顔を見合わせた。

どうする?、という顔である。

「いらないなら譲っていいんじゃねぇか?」

「代価次第じゃないですか?」

「あれ、風を起こせるから便利なんですけどね〜。」

リーアは少し反対派だった。

風を起こす能力が惜しいらしい。

ついさっきも、泉に落ちたシロウの服を乾かしたりと役に立ったのだ。

「お金なら100万G出しますよ。」

青年は言う。

「100万G、ってどれぐらいなんだ?」

雅輝はリーアに尋ねる。

「そうですねー、一生遊んで暮らせますよ。」

リーアの回答。

おぉー、っと2人が感嘆の声をあげる。

「アイテムでの交換なら、いいのがありますよ。けっこうレアアイテムなんですけど…」

と、青年がどこからか取り出したのは……

「ねこ耳だぁー!?」

見た瞬間にシロウが食い付いた。

雅輝は半眼で遠くを見ていた。

「実はこのねこ耳、ただのねこ耳じゃないんですよ。」

青年がテレビショッピングのように語り始める。

シロウはそれを三角座りで聞いている。

その瞳は夢見る少年そのものだった。

「じゃあ、ちょっとリーアさんにアシスタントしてもらおうかな」

ちょいちょいと、リーアを手招きする青年。

気軽にリーアは青年のアシスタント役に。

「論より証拠、リーアさんに装着してみまーす。」

青年はリーアの許可を待たずに早業でリーアの頭にねこ耳をドッキングさせた。

「っ!?ねこ耳メイドだとぉーっ!?神が降臨なされたぁぁぁ!」

シロウのテンションが未だかつてないほどに高まった。

夜道を歩いていたりすると、軽く職務質問されるぐらいに危険な表情である。

「ほーら、よく見て下さい。ちゃんと本物みたいに動くんですよ」

青年の言う通り、ピクッと耳が動いた。

「すげぇー!ごっさ触りてえー!」

目をグルグルさせ、シロウが魂の叫びをあげた。

その声が大きかったのか、耳が少し垂れる。

「リーアさん、今から言うセリフを言ってくれませんか?」

リーアは頷く。青年はねこ耳のほうにコショコショと囁く。

リーアはちょっとくすぐったそうにしながら、次の言葉を言った。

「ご奉仕するニャン♪」

リーアは会心の一撃を放った!

「ギャぁぁぁー!萌え死ぬ!」

シロウが悶えた。

悶死寸前である。

「このように語尾に『ニャン』がつきます。あ、他にも、舌がザラザラになったりしますねー。」

「舐められたーい!舐め殺されたーい!」

シロウは頬を赤らめて地面を転げまわり悶えている。

なんか昇天寸前であった。

リーアは苦笑いを浮かべていた。

雅輝はついていけないとばかりに、その辺で一服している。

「100万Gか、このねこ耳で『嵐を呼ぶ剣』譲って欲しいのですが、どうですか?」

青年はニッコリと笑ってシロウに問掛ける。

「……。」

シロウは真面目な表情で、青年の肩をガッシと掴んで言った。

「じゃあ!ねこ耳で!」

最高潮のシロウ。

人生の最良の日だった。

シロウはレアアイテム『ねこ耳』をゲットした!!!

「……あの、私はいつまでこれをつけてるニャン?」

リーアがポソッとつぶやくのだった。



お気軽に叩いてやってください、喜びます(笑)


TOP
戻る