×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
戻る




「また喚ばれたか……。」

朔夜は遥かなる空にいた。

変わりない姿のそこをしばらく眺めると、以前と同じように門をくぐった。

きっと、今も変わらぬ自分の居た場所に向かうために……。




竜介とゆきは町を歩いていた。

石畳の道を進みながら竜介が口を開いた。

「ゆき。」

「なに?竜介君。」

「今度は俺から離れるなよ。」

「え?あ・・・、う、うん!」

心無しかゆきは竜介に近寄る。竜介は少しだけ歩調を落とした。

二人は並んで歩いた。




照りつける太陽。

肌を焼くような光を、纏ったマントで防ぎながら響は足を止めない。

隣りを歩く織葉も同じ格好で歩いている。

「織葉、今回こそ魔王を倒す。」

「えぇ、わかっとります。」

それきり二人は黙ると荒野を行った……。




「来たな……。」

重厚な鎧を着込んだ男が呟く。

闇がまとわりつく部屋。ロウソク一本だけがこの部屋の唯一の明かりである。

男は愁いを帯びた表情でうつむくと、思考の海に埋没した……。

お気軽に叩いてやってください、喜びます(笑)

TOP
戻る