×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
戻る




荒野の砂漠を行くもの達がいた。

乾いた空気。

砂が混じった風をマントで防ぎながら、淡々と前へと進む。

「ガナートさん、お体のほうはもう大丈夫なんですか?」

この場に似つかわしくない姿、

きつい日差しをものともせずに黒い長髪の青年を追いかける。

超絶万能メイド・リーア。

この暑い気温の中でも、気崩すことのないメイド服。

絶やすことのない笑顔。

それはガナートにとって励みになっているという事実が、

自分自身では許せないという複雑な感情を抱いていた。

「・・・体はとっくに大丈夫だ。問題はレベルだ。」

勇者との戦いの後、ガナートは死んだ。

しかし、蘇生の奇跡によって復活を遂げた。

そして、自身の失態を取り戻すために力を取り戻すための旅に出ている。

たった一人の孤独な修行。

自分を追い詰めることによって、力を引き出そうとする荒行。

だが、それを実行することが出来なかった。

なぜならリーアを引き離すことが出来なかったから。

「・・・いつまで、ついてくる気だ?」

はっきりとついてくるな、と言えない自分にイラつきながら、ぶっきらぼうに問いかける。

「うーん、そうですねぇー。気分次第ですかねぇ〜♪」

リーアの曖昧な返答にため息をつくガナート。

問い詰めたところで、うまくかわされてしまわれるので、これ以上の問答をすることは無かった。

ズズッと砂の地に足を埋めながら、ひたすらに進んだ。

黙々を足を進めていると、ガナートは地面に違和感を感じた。

何かがいる、そんな存在感。

グラッと地面が揺れる。

「モンスターか!」

瞬時に戦闘態勢へと移行するガナートは、リーアをかばうようにしてモンスターの気配を探った。

砂をかきわけるようにして、地中から現れるものがあった。

日の光に表面がギラリと光る。

両手に爪を持ち、猛毒の針の尻尾。

「鋼鉄サソリか・・・。」

一目で、モンスターの名前を把握した。

同時に、そのモンスターのステータス、生態さえも把握。

それが出来るのは、魔物使いの証。

「私達の攻撃力じゃ、ダメージは与えにくいですね〜。」

言葉ではそんなことを言いながら、リーアは余裕の気配。

ガナートはフッと笑うと、腰に下げた鞭を取り出した。

「まともに戦うだけが、戦い方じゃない。」

大げさに振りかぶると、鋼鉄サソリに向かって鞭を放った。

バシンッ!

表面を叩いただけで、ダメージは無い。

鋼鉄サソリの目が、己を叩いたガナートを見つめた。

ガナートは、気迫を込めた瞳でもって、鋼鉄サソリと目を合わせる。

一瞬の攻防。

周りからみれば、何が起こったかわからない出来事に過ぎない。

しかし、確かにあったその攻防の勝者は・・・

『グルルルルル・・・・・・。』

戦意を失い、ガナートの前に伏せる鋼鉄サソリ。

魔物使いとしての能力で、鋼鉄サソリを屈服させたのだった。

「余裕ですね〜。」

パチパチと拍手を贈るリーア。

フンッと鼻を鳴らして、鞭をしまうガナート。

「まぁ、レベルに随分と差があるからな。」

地面に帰るように指示をして、先を急ぐ。

「倒さないんですか?レベル上げしないとでしょう?」

ガナートの顔を覗き込むようにして尋ねるリーア。

顔をそらしても回り込んでくるので、いやいやながらも口を開いた。

「・・・殺したら可愛そうだろうが。」

顔を赤くして答えるガナートを見て、クスクスと笑うリーア。

「あ、あいつはなわばりに入ってきたから、出てきただけなんだよ!

だから、入ってきた俺達が悪いっていうか、無益な殺生は好まないというか・・・。」

なんで一生懸命こんなことを言っているのかわからなくなって、だんだん声が小さくなる。

「優しいんですね♪」

頬をツンっとつつくリーア。

「だー!やめろっつーの!」

ふてくされるガナートは、それきり押し黙って歩みを速めるのだった。



あとがきっぽいもの
作者「新キャラっぽく思えるかもしれんが、ちゃんと第1章に出てるのである。」
リーア「久々に私の登場ですねぇ♪」
作者「ということは、あとがきっぽいもの相方は違うキャラになるね。」
リーア「え〜!?」
おわり



お気軽に叩いてやってください、喜びます(笑)


TOP
戻る