×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
戻る




格納庫。

零式のコクピットの中で最終調整。

パイロットスーツがあれば、簡単にパーソナルデータが取れて、調整しやすいらしいんだけど、無いものは仕方ない。

『光騎さんは成長期ですから、毎回微調整が必要なんですよー。』

と、愛ちゃんが言っているので、出撃前には欠かさず行っている。

理屈はよくわからないんだけど、上手く使いこなすには必要なことらしい。

ところで、愛ちゃんが保持している『光騎』のデータは二つあるそうだ。

僕と、愛ちゃんが造られた世界の僕。

遺伝子レベルで似ているらしい。

最初は脳波の一致もあったせいで、別の僕のデータで動かしていたそうだ。

でも、それは『僕』じゃない。

だから、誤差が生じて操縦しづらかった。

だけど、今はちゃんと『僕』のデータが登録してある。

「ちょっとしんどい戦いかもしれない。」

ちょっとどころではないかもしれない。

「愛ちゃんの世界の僕も、こんな戦いをしたのかな?」

何か参考になるかと思って聞いてみる。

『えぇ、光騎さんは戦いましたよ。

家族を失い、恋人とも戦って、平和を勝ち取ったんです。

苦しいことばかりじゃありませんでしたけど、激戦をくぐりぬけてきたんですよ。』

「……そっか。僕も頑張らないと……。」

足が震える。

とても武者震いとは言えない、不安からくる震えだ。

それを押さえ付けて、イメージするんだ。

仲間の笑顔と、人々の笑顔。

闇を払った後に現れる光の輝き。

そのイメージが粉々に砕かれない限り、きっと僕は戦えるだろう。

『準備完了です。いつでも出れますよ。』

愛ちゃんの声に頷き、操縦悍を握りしめた。

「さぁ、行こう。戦場へ!」

マナ・エンジンが大気に満ちた魔力を取り込み、機体のありとあらゆる場所へ回す。

零式の手を伸ばし、エクスカリバーを掴む。

「聖ちゃん。力を貸してもらうよ。」

『うむ、心得た。我が主よ。』

頼もしい聖ちゃんの返事。

僕の操縦通りに足を踏み出した零式は、格納庫を出た。

メインカメラはトリオンを囲む闇の姿を捉えた。

モニターに、拡大されたモンスターの姿が映る。

悪鬼の如き姿。

おぞましい姿の敵。

分かり合えることは無い。

殺し合うためだけの存在に、かすかな哀しみが心によぎる。

ためらうな。

あいつらは正真正銘の『敵』だ。

きっと、これからの戦いに、優しさはいらない。

「北部に行くよ。そこは僕達で抑える。」

『は〜い♪』

『了解した。』

飛行石と風の魔石を発動。

脚部のスラスターを噴かして、零式を空へ。

風を切り裂いて反転。

真っ直ぐにトリオンの北部を目指した……。



「さてさて、光騎君は北のほうに飛んでっちゃったねー。」

空を見上げる輝。

零式のボディーが光にきらめく。

エクスカリバーが刺さっていた岩の調査を終えて、トリオンの探索をしていた。

そして、偶然にも今日この日がやってきた。

「闇との戦いかぁー。もう少し先のほうがよかったんだけど……。そうも言ってられないか。」

苦笑いを浮かべながらポリポリと頭をかく。

まとわりつく闇の気配が鬱陶しくて、ため息をついた。

「とりあえず、東のほうのモンスター共を薙ぎ払ってこようかな。南は僕にとって容易過ぎるだろうしねー。」

剣が丘展開。

風を操る魔剣をチョイスして、力を引き出した。

剣から溢れる風をその身に纏う。

「行こうか、テンペスト。たまには元勇者らしいことをしてみても罰はあたらないさ。」

フワリと体が宙に浮いた。

まさしく輝は風の如く空を駆け、東の空を目指す。

どの空も等しく闇はあった。

翼を持つモンスター達は、地を這うものを抱えてトリオンを目指していた。

「……ギャアギャアと煩いやつらだ。」

わめく雑音が、癇に障る。

風を蹴って加速。

瞬速をもって怪物を駆逐。

輝の風の如き速さに、ついてこられるものはいなかった。

どうにかして輝を殺そうと、怪物達は連携を取り始める。

「ははっ!その程度で捉えられるか!?」

テンペストはさらに風を噴き出した。

その噴射で機動力が上がり、弾丸のような速度で怪物を叩き斬る。

いや、厄介なのは弾丸のように一直線に突き進むだけではないことだ。

自由自在に軌道を変えながら、輝は蹂躙してゆく。

東の空は血煙りで赤く染まりつつあった……。



あとがきっぽいもの。
作者「うーん、なかなか執筆速度が上がりません・・・。」
麻衣「頑張って、としか言えないですよ。」
作者「集中すれば多少は上がると思うけど、何かと忙しいのかなぁ・・・。」
麻衣「あっちこっちに意識を分散させすぎでは?」
作者「むぅ。もうちょっと絞らないといかんね。」
麻衣「集中ですよ!」
おわり



お気軽に叩いてやってください、喜びます(笑)


TOP
戻る