×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
戻る




光騎の駆る零式が空を縦横無尽に舞う。

excaliburを振り回し、空を覆うモンスターを狩り続ける。

モニターに映るいくつもの標的を冷静に見定め、斬る。

時には蹴り墜とし、殴り散らす。

機体の軋みを感じながら、自分の身体を動かすようにして操る。

『光騎さん、3体抜けていきました!』

「わかった。」

各部の風の魔石と、脚部のスラスターを噴かすと空中を蹴るようにして軽やかに反転。

そして3体を素早くロックオンすると、頭部バルカンを斉射。

砕け散ったのを確認すると、再び空の魔物共を斬り裂く。

空を駆ける巨人は、未だトリオンに魔物共を取り付かせてはいなかった。

『なかなか減りませんね。』

AIは撃破した数をカウントしながら、辟易したように言った。

それにしても良く出来た人工知能だなぁ、と思いながらモニターから目を反らさず光騎は頷いた。

『マナ・エンジンは好調ですから、エネルギー切れを起こすことは無いです。

でも、このまま戦い続けるとなると、機体のほうが持ちませんよ。』

マナ・エンジンはあらゆる場所からマナ(魔力)を取り出しエネルギーへと変えるエンジン。

世界に魔力がある限り動き続ける永久機関。

しかし、機体のほうは違う。

元の世界で激戦をくぐり抜け、損傷したままでこの世界に召喚された。

零式を修理するような技術が無いこの世界では、だましだまし使っていくしかない。

『本格的なオーバーホールをしないと、近いうちに動かなくなります。』

その言葉は、零式の未来は朽ち果てるということと同じ意味。

なぜならオーバーホールなんて出来るわけないから。

「……それでも、今を何とかしなきゃいけないんだ。」

excaliburを振るう。

まとめて何体かの魔物が両断された。

頭部バルカンが火を噴き、散らす。

一騎当千の力。

光騎はかすかに聞こえてくる、零式の悲鳴を無視して戦い続けた。



敵からのダメージは無かった。

しかし、excaliburを振るたびに痛む機体。

AIが表示した機体の損傷度を見て、奥歯を噛みしめる光騎。

「……せめて、北部の魔物を全滅させるまでは!」

機体のあちこちに付着した魔物の血液が、まるで零式から溢れでたようになっていた。

『光騎さん!高速に接近する魔物が!』

メインカメラが辛うじて捉えた魔物の姿。

AIの処理で、解析拡大された姿がモニターに表示された。

「……見たことない。いや、前にソフィアちゃん達と倒したデーモンに似ている。」

デーモンは高速で零式の背後に周り込み、翼から風の魔術を放つ。

風の刃が零式の装甲を削る。

「愛ちゃん!損傷具合は!?」

『大したことありません!』

光騎の問いにすぐさま答えるAI。

反転すると、デーモンは空中に止まって様子を伺っていた。

『ふむ、硬いな。』

そう呟くと、作戦が決まったのか、身を翻して速度を上げて飛ぶ。

『数発食らったところで、支障はありませんが、何度もやられると危険です。』

AIの忠告に頷くも、デーモンの動きについていけなかった。

「くっ!速い!」

必死で機体を操る。

しかし、圧倒的な敏捷さとサイズの小ささがデーモンを強敵にしていた。

風の刃が装甲を削ぎ落とす。

デーモンに翻弄されながら、光騎は打開策を考えた。

『零式だと死角が多すぎますねぇ……。』

AIの呟き。

「……死角。」

光騎はAIの言葉に作戦を閃いた。

「まずは奴の動きを止めないといけない。」

『そうですね。』

話している間にも攻撃は続く。

肩を撫でるように風の刃がかすめていった。

「肉を斬らせて骨を断つだ。零式のどこかを奴に破壊させる。」

頭部バルカン斉射。

デーモンに当たらず、遠巻きに戦いを観ていた魔物が砕けた。

頭部バルカン、残弾ゼロ。

この世界で補充することは出来ない。

零式の武装はexcaliburのみである。

光騎はニヤリッと笑った。

『まさか頭部を?』

信じられないというAIの問いかけ。

「うん。デーモンって頭良いからさ、頭部ぐらい破壊されないと動きを止めないと思うんだ。」

『でもでも、センサー類を無くすことになるんですけど……。』

「仕方ないよ。あいつを通すことになるよりはマシさ。」

かなり高位のデーモンであると判断した光騎は、多少の犠牲を出しても、今ここで倒すことに決めた。

「聖ちゃん。あのデーモンの速度って魔術だよね?」

『うむ。風を纏っておる。風の結界に風を詰めて吹き出し、加速している。

さしづめ、風の悪魔といったところか。

ついでに、対物理、対魔術結界も張っているぞ。』

「なるほど、うってつけだ。ありがとう、聖ちゃん。」

excaliburに礼を言うと、光騎は自分の考えた案を二人に伝えた。

『わかりました!』

『了解じゃ。』

二人の返事に満足すると、光騎は空を疾走するデーモンを睨みつけた。

「さぁ、反撃の時間だ!」



あとがきっぽいもの。

作者「続きは明日かもねー。」

麻衣「頑張って光騎さん!」

おわり



お気軽に叩いてやってください、喜びます(笑)


TOP
戻る