×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
戻る




『おわぁっ!?こ、光騎さん!どこにいってたんですか!?』

光の奔流を抜けると、光騎は見慣れたコクピットに座っていた。

「眞彩ちゃんに召喚されて西部にいたんだけど……。」

AIの驚きの声に冷静に答える光騎だったが内心は焦っていた。

(ソフィアちゃん、眞彩ちゃん……。)

ドンッッッッッッッ!

という凄まじい爆発の音が聞こえた。

ハッチを失ったコクピット内に響く音と微かな熱風が、爆発の威力を物語る。

『む?西部の浮遊装置が爆発に呑まれたぞ。かなりの規模だの。』

聖の冷静な分析。

光騎は何も言うことが出来ずに、操縦悍を握り締めた。

(……何か、何かもっと出来たはずだ!なぜ僕は、ここにいる!)

歯をくいしばり、虚空を睨みつける。

灰暗いものが心の奥底から湧き出てくるのを感じて、光騎はそれを振り払うように頭を振った。

『光騎さん、西部の方に向かいますか?』

「……城に向かうよ。ソフィアちゃんに頼まれたからさ。」

零式を反転させると城の方向へ飛んだ。

機体を軋ませながら空を駆けていると、空中に黒い点があった。

「……あれは?」

『なんでしょうね?』

光騎とAIはそれが何なのか分からない。

『不用意に近付いてはならん!』

聖の警告の声。

その時、黒い点が瞬く間に増殖していった。

空を塗り潰してしまうのではないか、と思うほどの勢い。

そして、それは確かな存在感をもってこの世界に具現する。

オオォォオオオー!!

心をざわめつかせる音。

二体の闇の巨人。

零式と同じ背の高さだが、体格は巨人のほうがよく力強い印象。

城門の内側に降り立つ二体。

その二体は現れた瞬間に、零式を敵とみなした。

「やるしかないか!」

地上に着陸すると、excaliburを構えた。

軽い違和感。

(……機体の反応がドンドン鈍くなっていってる。)

早急に勝負を決めなければならなかった。

「簡単にいきそうにはないけど……。」

剥き出しのコクピットから見える巨人を、苦々しく眺める。

『来るぞ!』

聖の声を聞きながら、機体を操る。

二体の巨人は二手に別れて左右から迫る。

excaliburのある分、リーチに関しては有利である零式。

機体の鈍さを考慮に入れた機動で、まずは右の巨人のほうへ。

側面に回り込んでexcaliburを振るう。

斬っ先がかすかに巨人の腕の肉をえぐった。

(……腕をとったつもりだったんだけど、やっぱり誤差が出るか。

機動力が上でも、この誤差は厄介だなぁ。)

巨人は闇を取り込み傷を修復しながら、掴みかかってくる。

なんとも不器用なステップで避けつつ、再び側面から斬りつける。

今度は巨人の腕を斬り落とし、返す刃で胴を狙う。

しかし、思い通りに腕が上がらなかった。

『右肩が限界です!剣を振るうには難しい状態ですよ!』

「こんな時に!」

一瞬の硬直。

巨人達が見逃すはずもなく、突進を仕掛けてきた。

左手にexcaliburを持ちかえようとしていた光騎は、とっさに反応出来ずまともに巨人の突進を食らった。

「うわぁぁぁっ!?」

コクピット内に赤い光が明滅する。

投げ出されまいと、光騎はしっかりと操縦悍を握り締めて振動に耐えた。

仰向けに倒れた零式。

すぐに立ち上がろうと機体を操作するが、巨人がのしかかってこようと迫る。

「くっ!」

片腕が動かない状態ではなかなか立ち上がるのは困難だった。

スラスターを利用しながら腰を浮かすが間に合わない。

巨人があと一歩で零式に掴みかかれる距離に入る瞬間、突如地面から噴き出した炎に巻き込まれた。

『すごい熱量です!』

少し離れているとはいえコクピットが剥き出しゆえに、熱い空気を吸い込み光騎は咳き込んだ。

「……なんで炎が?」

凄まじい勢いの炎に呑まれて転倒した巨人。

その隙に零式を起こすと、もう一体の巨人が迫っていた。

とっさにexcaliburを構えようとするが零式の手には無く、離れた位置に落としていた。

「取りにいく暇はないか!」

壊れた右肩を突き出して、スラスターのペダルを力一杯に蹴り付けた。

突進。

シートに押さえつけられるようなGを体感しながら、巨人へと突っ込んでゆく。

お互いに容赦無くぶつかる。

右肩が右腕が、ギリギリギチギチと悲鳴を上げながらひしゃげてゆく。

巨人も同じ体勢でグイグイと力を込め、肉を潰しながら零式を破壊せんとする。

「くっ!押し通ることは出来ない!?」

『いえ!機体への負担を和らげるため、リミッターがかけてあります。

だから、リミッターを解除すればまだパワーは上がります!』

拮抗状態。

機体のダメージ量がめまぐるしく上昇する中で、光騎は決断した。

「すぐに解除して!」

(もう、この戦いで零式はダメになるかもしれない。それでも!あの巨人を倒すんだ!)

『……わかりました。解除します!』

AIの声が少しためらったように聞こえた。

だが、振り払うように明るい声でパワーの上昇率を語るAI。

光騎は気のせいだったのかと思い、戦いへ集中する。

スラスターが力強さを増し、巨人をジリジリと後退させた。

そして、バランスを崩した巨人が倒れる。

ドンッ、と零式の足を巨人の腕の肩へ。

左手で巨人の腕を鷲掴みにすると、力一杯引っ張った。

ブチブチと肉が裂ける嫌な音。

痛みに苦悶の声を上げる巨人を無視して、ただ力任せに事を進める光騎。

ついにむしりとった巨人の腕を興味無く放り捨てて、次は首に足を置いた。

激しく暴れる巨人。

巨人のこめかみを握りしめ、捻り切るようにして頭部を引っ張る。

コクピットから巨人の苦しむ様がはっきりと見える。

ミシリッと、ブチブチッと、零式の力に耐えきれず断裂してゆく巨人の首。

己の力でダメージを蓄積させながらも、巨人の首をもぎとった。

ドス黒い返り血のような闇が飛び散って、手や腕に付着したがすぐに無残した。

しばらく痙攣したようにビクビクと動いていた巨人は、完全に動かなくなる。

巨人の首を無造作に捨てた。

『右腕は……完全に使いものになりません。左腕もギリギリのところですね。』

AIの報告を聞きながら、壊れゆく零式に心を痛める光騎。

(でも、仕方がないんだ。

トリオンの人々を守るためや、もしトリオンが墜ちた場合の被害のことを考えると……。)

沈む気持ちと使命のような『勇者』としての責務が、光騎の心の中でグルグルと回ってたゆたう。

『光騎さん。私達は『道具』なんです。

性能の限界まで使ってくれることが私達の本望なんですよ。

だから、光騎さんは悲しむこともないし、悪いことなんて一つもしてないんです。』

AIの言葉は光騎の心に優しく響いた。

『遠慮せずに、ちゃんと使って下さいね?最期まできちんと♪』

明るくAIが言ったそのセリフに、光騎はただ頷いた。

excaliburを拾おうと零式を動かした時、振り向いた方に巨人が立っていた。

「まだ動けた!?」

炎に呑まれた方の巨人は表面を焼けただれさせながらも、

ゆらりと動いて零式のいる方向とは別の方向へ歩きだしていた。

進路上のありとあらゆるものを踏み潰しながら、城門へ向かう。

「もしかして、城の外へ出る気か!?」

それをさせるわけにはいかなかった。

外からの攻撃に手一杯な現状で、内側から敵が現れたとなると、混乱は必至。

(ここで、なんとしても倒す!)

なんとか動く左腕でexcaliburを拾い、スラスターを全開にして巨人の元へ。

上段に振りかぶり、零式の接近に反応を示さない巨人へexcaliburを振るう。

右肩にめり込む刃。

そのまま一気に左腰まで斬り裂こうと操作するが、ここで不運が起こった。

零式の後方の地面から飛び出す雷撃。

確かな破壊力を持ったそれは、零式の左肩を貫いて天へと昇っていった。

衝撃。

コクピット内が数秒間暗くなった。

すぐに再起動して明るさを取り戻す。

「大丈夫!?愛ちゃん!?」

激しく動揺しながら問掛ける光騎。

ノイズの後に、

『……大丈夫です!一部システムにエラーが生じましたが、許容範囲です!ですが、左腕はもうダメです!』

「わかった!なんとかする!」

操縦を受け付けない左手は、excaliburを離そうとしないので左腕を強制排除。

未練も無く左腕から離れると、スラスターと飛行石の力をフルに使って空へ。

excaliburを喰いこませたまま、もはや狂ったように城門を出ようとする巨人。

零式はexcaliburへとめがけて一気に落下した。

その勢いでexcaliburの柄を蹴りつける。

刃が巨人の肉を斬り裂き進んだ。

excaliburが地面に転がると同時に、巨人の体が滑り落ちてグシャッと音を立てた。

バランスを崩し下半身も倒れる。

『光騎さん!零式の姿勢、保つことが出来ません!』

巨人を倒したのを確認したその時、零式がついに限界をむかえた。

あちこちから火を噴きながら、地面へと落下してゆく。

「くっ!?」

辛うじてうつ伏せに地面と激突することを避けられそうだったが、

操縦を受け付けないということはどうしようもなく不安にさせた。

『舌をかまないよう衝撃に備えて下さい!』

歯をくいしばり、迫る地面に思わず目を瞑った。

訪れた衝撃は地面を砕き、次の戦いへの幕を開けさせることになるのであった……。



あとがきっぽいもの。
作者「零式大破!」
麻衣「わぁー!光騎さーん!」
作者「わははは、やっと零式が大破したぜ!自分で書いておきながら扱いに困った!」
麻衣「パワーバランスですか?」
作者「だって、絶対強いじゃん。ドラ〇エにガン〇ム出たら最強でしょ?」
麻衣「……はぁ。」
作者「まぁ、零式には色々ハンデがあったので助かった!とにもかくにも、クライマックスへと突っ走るぜ!」
麻衣「はい!」
                              おわり



お気軽に叩いてやってください、喜びます(笑)


TOP
戻る