×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
戻る




光の刃が、闇へと入り込んでゆく。

強制的に照らされている闇が、抵抗することも出来ずに消されていった。

『がああぁぁああぁぁぁーっ!!?』

こんなにも醜いものなのか、と思うほどの断末魔。

エクスカリバーを引き抜こうと手をかけるがそれも無残する。

魔王は今、圧倒的な力の前に為す術も無く滅びようとしていた。

「とりゃあっ!」

愛は聖剣を振り上げて魔王を斬り裂くと、そのままどんどん刻んでいった。

光に焼かれながら刻まれるのはただで済むわけはなく、もはやさっきまでの姿はみる影も無い。

終わりは近かった。

小さくなってゆく魔王の気配。

あれほど光騎達を苦しめた魔王は、聖なる光にのたうち苦しみながら消えていった。

「……ミッション・コンプリート。」

散りゆく闇。

爽やかな風が吹いた。

光の刃が消えたexcaliburを肩に担ぎ、身体の各所から噴き出していた光が収まっていった。

「……倒したの?」

光騎が呟くような声で言った。

輝や九条が探るようにして辺りを見渡す。

しかし、魔王の気配は無かった。

「……どうやら、終わったみたいだな。」

「そうみたいだね。さっきみたいに隠れてるかもしれないけど。」

未だ警戒を解かずにいると、愛が通常形態へと戻ったexcaliburをブンブン振りながら光騎達のところへ帰ってきた。

「付近を索敵しましたけど、闇の存在は感知しませんでしたよー。戦闘終了です♪」

Vサイン。

ほにゃ、とした笑顔を浮かべる愛。

光騎達は顔を見合わせると、

『やったー!』

歓声を上げてハイタッチなんかしつつ健闘を称えあった。

「……と言っても、愛ちゃんに全部持っていかれた気がするが。」

ソフィアがぼそっ、と呟く。

「零式って何?って感じだのぅ……。」

いつの間にか実体化していた聖。

二人は冷静にツッコミを入れていた。

「まぁまぁ、終わりよければ全て良しってことで!」

ダイルが二人の肩に手を置こうとしたら、ツイッとさりげなく二人はかわした。

あからさまに、しょぼんとなるダイルであった。

「一時はどうなることかと思ったけど、なんとかなって良かったね♪」

ススッと近付き、光騎に慣れた感じで抱きつく美綺。

眞彩も突進めいた勢いで光騎に抱きつく。

「お兄ちゃん分補給だぜぃ〜♪」

光騎は少しふらつきながらも二人を受け止めた。

二人の体温が心地よかった。

「……私もハグしたいなぁ。」

奏歌に肩を貸している麻衣が小さくため息をついた。

「す、すまねぇ麻衣ちゃん。私のために。てか、私も光騎君のところに行きたいけど。」

わたわたと慌てる奏歌だが、何気に本音が混じっていた。

厳しく激しい戦いが終わり、穏やかな空気が流れた。

トリオンを囲んでいた魔物は撤退し、街のあちこちで抵抗していた人々の歓声が上がる。

長い一日が終わろうとしていた。

「そういえば、魔王を倒したら元の世界に戻れるんだよね?」

誰に尋ねればいいかわからなかった光騎は、とりあえず輝に問いかけてみた。

「……送還が始まらないところを見ると、やっぱり君達の召喚は、理からはずれているみたいだね。」

目を細める輝。

凄みが効いた視線にたじろぐ光騎。

それからかばうように美綺が光騎の前にまわりこんだ。

もちろん抱きついたままだが。

「ごめんごめん、何もしないよ。どうやら、今回のことは裏に何かある。やっと確信したよ。」

輝の言葉に疑問符を浮かべる光騎達。

「……それはルールをねじまげている奴がいるということか?」

鋭い洞察力を発揮する九条。

「まぁ、その辺りの込み入った話は後日改めてってことにしよう。今日はみんな疲れただろうし。」

締めに入る輝。

確かに一同、疲労の表情。

『復活の指輪』を使った輝と九条とダイルは元気そうだったが。

「私も元気一杯ですよー♪」

どうやら疲れ知らずの愛。

眞彩と美綺を吹っ飛ばして光騎に抱きつく。

スタイル抜群なのに水着みたいな格好の愛に抱きつかれて、あわてふためく光騎。

しかし、がっちりとハグされて動けないのであった。

「わーにん!わーにん!光ちゃんの貞操の危機の気配!」

美綺が光騎から愛をはがそうとするが、全然動かなかった。

「零式のAIだった時は、全然スキンシップ取れませんでしたからねー。一気に取り戻します♪」

むん、とガッツポーズを取る愛。

谷間に溺れる光騎は虫の息っぽい。

「光ちゃんは生身の女の子のほうがいいんだからー!」

グイグイと愛を引っ張る美綺。

なんだかちょっと泣きそうだった。

「ふっふーん♪女の子要素完備ですよーだ。殆ど生体部品使ってますし〜。

少なくなった人類を増やす役目もあるんですからー。」

「……マジですか?」

詳細は解らないが、強敵が現れたことを認識した女子一同。

「なぁ、光騎狙うのやめて俺にしとかね?」

試しに美綺に尋ねてみる九条。

「それは無い!」

「ぬぅ……。」

即答されてヘコむ。

ダイルと二人並んでどこか遠い所を眺める。

「けっ、ここはどこのハーレムなんだよ!」

「……こんな世界滅びてしまえばいい!」

「ははは、魔王が復活しそうな絶望だね。」

輝も加わり、あぶれた男子が語り合う。

「あっ、俺も参加していいっすか?」

いつの間にか目を覚ました貴人が合流し、輪の中に入っていた。

「……もはやどうでもいいが、あっちにもう一人女子が増えた。」

「あぁ、朔夜さんっすね。何か、トリオンのエンジンがどうのこうの言ってましたよ。」

やる気なさげにダラダラムード。

「酒でも飲みに行こーぜ。まぁ、なんだ祝勝会?」

「いいねぇー。」

九条とダイルが立ち上がり、適当に街へと向かう。

「お供しまーす。」

貴人が二人についてゆく。

「つーか、お前誰?」

「色んな意味で仲間です。」

「……そうか。飲み明かすべ。」

「うぃっす!」

三人は肩を並べて戦場を後にした。

「うーん、僕も混ぜてもらおうかなー。」

「ちょっと待って下さい輝さん!置いていかないでー!」

「……グッドラック、光騎君。」

端から見てて幸せにしか見えなかったので、あっさりと見捨ててゆく輝。

とりあえず、世界に平和が訪れた。

それが束の間の平和だということを、うっすらと理解しながらも、人々は平穏を噛みしめる。

「次回、第三部の予告とか!」

「美綺姉、誰としゃべってんの?」



あとがきっぽいもの。
作者「たぶん、あと一回で光騎シナリオ終了です。」
リーア「前半終了ですね〜。」
作者「まぁ、ちょくちょくショートストーリーを書くつもりですけど。」
リーア「メインは後半の物語ですよね。」
作者「ちょいと忙しくなりそうなんで更新頻度は下がりそう。」
リーア「寝ないで頑張ってくださーい♪」
作者「……鬼か!?」
                      おわり



お気軽に叩いてやってください、喜びます(笑)


TOP
戻る