×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
戻る




白い世界。

天も地も区別の無いこの世界に、僕は存在する。

立っているのか、座っているのか、浮いているのか、沈んでいるのか、ただ白いだけの世界には何も関係無い。

そもそも何も無いのだろうか?

いや、確かにここに僕は存在している。

それがこの世界が存在する唯一の証拠。

蛍が飛ぶようにふわふわと、白い光が宙を舞い踊る。

夜空に浮かぶ星々のように無数に瞬き、この白い世界をより白く染めあげていく。

眩し過ぎて目を閉じても、それは魂に映し出されて避けられない。

夢現のような思考が、次第にはっきりとしていく。

『よくいらっしゃいました……。』

優しくて、静かな声。

でも、どこから聞こえたきたのか定かではない。

内なのか外なのか。

いくら考えても、もやがかかってしまう。

やはり幻想なのだろうか?

『いいえ。確かにここに存在します。貴方も私も。』

自己の自覚。

自分の存在を確信することが出来たなら、確かに僕はここにいることになる。

でも、なんだか頼りない。

油断すると世界に溶けてしまいそうな感覚。

『今の貴方には器がありません。

器が無ければ、水が指の隙間から溢れてしまうように、貴方の存在自体が世界へと溢れてしまうでしょう。』

それは一体どういうことなの?

もしかして死んでしまうということ?

『そうですね。きっとそれは死と同じことでしょう。』

ダメだよ。僕は死ぬ訳にはいかない。

僕にはまだやらなきゃいけないことがあるんだ。

『……貴方には選択肢があります。』

選択肢?

『一つは、存在の磨耗を防ぐため来るべく時まで眠りにつくか。そして、もう一つの選択は……。』

考えるまでもなく僕は選んだ。

ある一つの選択肢を……。

そして、世界はとても眩しく、きらびやかに瞬いた……。



あとがき無し。



お気軽に叩いてやってください、喜びます(笑)


TOP
戻る