×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
戻る




「シルビア!刀夜を俺達で生き返らせるんだ!」

衛星は突然やってくると、その勢いのままにそんな言葉を放った。

生き返らせる?

衛星は何を言ってるの?

そんなこと無理に決まってるじゃない。

「出来るんだよ!こっちの世界で無理でも、あっちの世界なら!シルビア!目を醒ませ!いつものように毅然としろ!」

衛星の言葉が頭の中を渦巻いていた。

止まっていた思考能力が動き始める。

「刀夜とまた会いたいんだろう?刀夜を抱き締めたいんだろう?」

心に熱が通り始めた。

熱は全身を駆け巡り、体に活力を与える。

「刀夜の笑顔を取り戻したいんだろう?」

私はコクコクと何度も頷く。

「……会いたい、刀夜に会いたい!」

かすれてしまった声で私は私の想いを口にした。

衛星は力強く頷く。

私達は揺るぎない決意をもって、次の召喚を待った……。



夜、23時を少し回ったぐらいの時間。

ここはまだまだ光が消えることはない。

「騎理君、なんだかぼんやりしてるけど、考えごと?」

腕を組む暁実が俺を覗き込んで尋ねてくる。

「ん?あぁ、別に。」

面倒なので適当に答える。

「うわぁー、なんか余計に気になるんですけど。」

教えて、教えて、って感じでまとわりつく。

おまえは犬か?、と思った。

どうでもいいけどな。

「……色々あった。説明が面倒だからそれだけ。」

説明したところで、脳の心配をされるのがオチだろう。

「ふーん。大変だったの?」

「別に。疲れただけだった。」

まぁ、慎悟に任せていたから楽といえば楽だった。

体を動かすのに疲れただけ。

考えるのは慎悟の仕事。

面倒なことはおまかせ。

慎悟なら率先してやってくれるしな。

「そっかぁー。騎理君も何かと忙しいんだねぇ〜。」

納得したように頷く暁実。

空気が読める子は面倒が無くて助かる。

しばらく暁実の軽快なトークに相槌を打っていると、前方に見知った顔を見つけた。

「よう、仁。」

黒いジャケットを着込んで、サングラスをかけた仁が歩いていた。

「あぁ、騎理か。」

どうやら仕事が終わったような感じだ。

いつもならそっけなく通り過ぎていくが、今日は立ち止まって煙草に火をつけていたりする。

「仁も今日の集まりはサボりか?」

「ああ。会長からの仕事を優先にした。どうせ会長には仕事の報告をしなきゃならんからな。その時にでも聞けばいい。」

携帯灰皿に灰を落としながら話す仁。

「騎理はデートか?彼女だろ?」

仁は暁実をチラリと見て言った。

「彼女じゃないけど、デートだ。」

「何人かいる彼女候補中の一人ですっ♪」

暁実は俺にさらに密着して存在をアピールした。

「……いつか刺されるぜ。」

仁が呆れたような口調で言った。

「おまえには言われたくない。」

たぶん、俺よりも刺されそうなのは仁だ。

今日は仕事帰りで一人なのだろうが、見かけるたびにいつも違う女の子を連れていた。

いや、女の子じゃなかったりもしたが。

「ははっ、まぁ、お互い長生きしようぜ。」

携帯灰皿に煙草を押し込むと、仁は背を向けて去っていった。

「大丈夫!私は刺さないから!正妻にはなりたいけど我慢する!」

暁実が冗談めかして言った。

「刺したきゃ刺しとけばいんじゃね?どうせ俺は抵抗しないし。」

再び歩き出しながら俺は呟くように言った。

「他の子はどうか知らないけど、私は騎理君をそこまで憎めないなぁ。ちょっとは嫉妬したりもするけどね。」

俺の胸に人指し指でのの字を書く暁実。

表情はなんとなくイタズラっ子に見えた。

「……。」

返す言葉が思い付かない。

より深く言葉を探そうとしたが、面倒なのでやめた。

「騎理君ってさ、ぶっきらぼうだけど、なんだかんだいって優しいからみんな好きになるんだよ。」

ニコッと微笑む暁実。

思わず目をそらしてしまった。

「…優しくないよ。」

「優しいよ。」

「そんなことない。」

「優しいの♪」

これ以上言ったところで暁実の言葉は変わりそうにない。

俺はもうなんでもいいや、と思って黙って歩いた。

「ねぇ、これからどうする?」

スパッと話を切り替える暁実。

「暁実にまかせる。」

解散でもいいし、まだ二人でいてもいい。

どちらでも構わないそんな気分。

「じゃあ、今日はお泊まり決定!ラブラブしよー♪」

手を引かれて連れていかれるのは、休憩所があるほうへ。

「……あー、久しぶりな気がする。」

「溜ってる?」

「そうかも。」

「私の身体、もつかしら?」

きゃはー、って感じで身をくねらせる暁実。

「……。」

ノーコメント。

「優しくしてね?」

パチッと可愛くウィンクする暁実。

「気分次第。」

俺は短く答えて夜の街に溶けた。



お気軽に叩いてやってください、喜びます(笑)


TOP
戻る