×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
戻る




居酒屋『一刀料男』。

時也がそろそろ暖簾をしまおうと思った時、扉が開いて暖簾をくぐったお客がいた。

「すみません、今日はもう店じまいなんですよ。」

申し訳なさそうに時也が言うと、お客は顔をあげて、

「あら、もうおしまいなの?せっかく来てあげたのに。」

誰からみても、偉そうな態度な物言い。

その女性の顔と声と雰囲気が、時也の脳裏に一人の女性の名前を思い浮かばせた。

「……もしかして、リセミアさん?」

以前見たものと違う簡素な神官服に、開かれた両眼。

髪型や声が変わっていないのでなんとか気付くことが出来た。

「正解よ。よくわかったわね。」

リセミアはツカツカと時也の言葉も待たず、カウンターの席へと座った。

「いえ、人の顔を覚えるのは得意なんです。居酒屋やってると特にじゃないですかね。」

とりあえず、暖簾を下ろして、リセミアの貸し切り状態へ。

時也が飲み物を尋ねると、リセミアは迷うことなくワインを注文した。

「神官って、お酒飲んでもいいんですか?」

「水の代わりよ。それに般若蕩とかあるでしょう?」

「あー、言われてみれば。」

どうでもいいような会話をしながら、時也はワインを用意する。

「何かつまむものでもどうですか?」

「太るから。遠慮しておくわ。」

色を見てから口に含み味を楽しむ。

「なんとか及第点といったところかしら。」

辛口の評価を下しながらも、満足そうな笑みを浮かべるリセミア。

「やっぱり、眼を開いていると印象が違いますね。」

「そりゃそうよ。眼は口ほどにものを言う、って感じかしら?」

「ははは、わかるようなわからないような。その眼は『魔眼』なんですか?」

両眼とも綺麗な青みがかった色をしていた。

「自前よ。外に出る時は、自分のを『移植』するの。」

「カラーコンタクトみたいな扱いですね。」

「『摘出』『適合』『移植』が使えれば自由自在です。」

ふふーん、と自慢気な顔のリセミア。

「それはそうと、何か用があって来たんじゃないんですか?」

片付けをしながら問いかける時也。

慣れた手つきで皿をしまってゆく。

「ん?飲みに来ただけよ?」

2杯目を自ら注ぎながら、あっけらかんと答えるリセミア。

「えぇ?そうなんですかぁ?てっきり何か言いたいことでもあるのかと……。」

拍子抜けした、と言わんばかりに脱力する時也。

「そうねぇ〜、しいて言うならもっと上等なワインを置いて欲しいわ。」

ほろ酔い気分で、気持ちよさそうな表情。

「……今度仕入れておきます。」

苦笑しながらお客の注文を受ける。

しばし沈黙。

ゆったりとした時間が流れて、リセミアが口を開いた。

「……正直な話、『魔眼王』っていう重荷を降ろせてホッとしてるのよ。」

「……。」

「まず、魔王に狙われることが無くなったから命の危険が減ったわね。やっぱり死ぬのは怖いから。」

「……そりゃまぁそうですね。」

「これで教皇の立場を譲っちゃえば、かなり自由になるんだけど、なんせレベルが足りなくて。」

「同じレベルの人はいないんですか?」

「少なくともリプルにはいないわ。この世界を探せばどこかにいるかもしれないけど。」

空になったグラスに、3杯目を注いでやる時也。

「当分は教皇やらなきゃダメね。あー、かったるい。」

だんだんと、砕けた口調になってゆくリセミア。

(……愚痴をきいてもらう相手を探していたのだろうか?)

リセミアの素性を知るものにしか、きかせることが出来ないお話。

『魔王』が神官の長たる教皇であったなど、公の場で話せる話題ではないから。

「縁には悪いけど、せいぜい頑張ってもらいたいわ。隊長もいることだし、なんとかなるでしょ。」

グラスの中身をグイッと飲み干し、次を催促するリセミア。

ピッチがあがってきている。

4杯目を注ぐ。

「ほどほどにしといたほうがいいですよ。」

「このぐらい、飲んだうちに入らないわ。」

ゴキュゴキュと美味しそうに飲んでいる。

「それに、例え酔っ払っても『解毒』でアルコールを飛ばせるのよね〜。」

「……うわぁ、神官がかなり卑怯に思えてきた。」

「何言ってんの。勇者のほうがよっぽど卑怯よ?10年前の勇者部隊なんかハメ技じみた戦い方のオンパレードだったんだから。」

「……。」

話しが盛り上がる、というかリセミアが軽快に、そして一方的にしゃべる。

(まぁ、楽しそうにしてるからいいんだけどさー。)

完全に聴き役に徹する時也は、リセミアのストレス解消に付き合うのだった……。



あとがきっぽいもの。
作者「まったりとした話かな?」
麻衣「ゆかりさんがいませんけど……。」
作者「まだ寝てる期間ですな。まぁ、要望があれば書くよ〜。」
麻衣「次あたり、光騎さん達の話に入りますか?」
作者「そういう予定ではあるよ。ちょっと時間かかるかも、だけど。」
麻衣「それって、新作にも手を出してるのが原因だったり・・・。」
作者「・・・ソンナコトナイヨ?」
麻衣「ちゃんと両立してくださいね?」
作者「善処しよう・・・。」
おわり



お気軽に叩いてやってください、喜びます(笑)


TOP
戻る