×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
戻る




「あら、懐かしい人が来たみたいですね。」

教皇は、両方の瞳が閉じられていても、まるで見えているかのように優雅に振り向いた。

立っているのは、背が高くて筋肉質な体をしている男。

年は20代後半か、30代前半といったところだろうか。

決して、周りのものに気付かせまいとしているが、昔を知っているものから見れば、疲れたような、諦めにも似た雰囲気を漂わせていることがわかる。

「……結界だけでアレは止まらんぞ。」

男は静かに言った。

何もかも知っているかのように。

「ふふっ、そうでしたね、貴方が一番よく知っているでしょう。魔王を倒した英雄ですもの。」

その口調には、懐かしさと、かすかな蔑みが混じっていた。

「でも、それを知っているなら、なぜ貴方は何もしないのですか?傍観者でいると?」

見透かしたように詰め寄る。

男は哀しみの表情を浮かべてうつむく。

「……俺は、もう十分戦ったはずだ……。」

弱々しく吐いた言葉。

哀しみの連続だった。

何度も膝をついては立ち上がり、たくさんのものを失って、ようやく得た勝利。

しかし、それも束の間でしかなかった。

「……今の貴方には、居酒屋の店長がお似合いです。せいぜい身近にいる者だけを守って下さい。」

興味を無くしたと言わんばかりに、店長に背を向けた。

「……。」

店長は何も言うことが出来ず、いや、何も言える立場では無いと悟り、出口へと足を向けた。

その背に声がかかる。

「……私は隊長のことが好きでしたよ。あのキラキラと輝いていた時の貴方が。」

店長が足を止める。

しかし、振り向かずに再び歩き出し、教会を出ていった。

「大丈夫。私が魔王を止めますから。この命に代えても……。」

誰もいない教会で、一人呟く。

あの時の、あの光景を思い出して、少し泣きそうになった。

数を増やし、蹂躙。

ネズミほどの大きさの個体が、群れを成し、群れを個体として、縦横無尽にリプルを這いずり回った。

黒いカーペットをひかれたような道。

カーペットが迫る。

飲み込まれた人は、ダルマの落としのようにまず足を喰い千切られる。

そして、後続に、膝、太もも、と下から順番に喰われていき無くなる。

食べ残しは無く、カーペットの通り過ぎた道は異様な静けさだけが残っていた。

そして、目的地を見つける。

聖なる光を発する塔の入口。

門番を喰らう。

反撃を受けながらも、数で圧倒。

喰らい尽くして、塔に侵入。

駆け抜ける。

障害は全て飲み込み、ひたすら喰らう。

常に満たされない。

だから喰らう。

祈りを捧げ、聖なる光を呼び込む複数の神官がいた。

残さずペロリと平らげる。

悲鳴を上げる暇なんて与えない。

かすかな血の跡だけを残して、人類を守護する砦を陥落。

一つ一つ確実に。

喰らい尽くしていく。

人間サイズの闇が、街を散歩するかのようにフラフラと歩く。

大して何も考えていない。

ただ本能と刻まれた命令だけがアイデンティティー。

目につく人間をおもしろおかしく追いかけまわして、飽きたら適当に引き裂く。

ハラワタを撒き散らしては、建物を赤く染める。

なんだかそれが楽しくなって、塗りたくる。

街のある区域の建物は鉄の匂いのする赤で染められていたという。

「た、助けて!!」

グシャッ。

胴体を真っ二つに斬り裂いて、上半身が這ってでも逃げようとあがく様を嘲笑う。

首を蹴りつけてもぎ取ると、リフティング。

複数の闇がサッカーを始めた。

宙を飛びかう首を、奪いあい、オーバーヘッドキック。

邪魔な人間にぶつかって、潰れる。

形が歪んだのが気に食わない。

新しいものを調達して再開。

そんな喜劇じみた悲劇の合間に塔が次々と機能を失っていく。

そして、リプルの守りは消え失せた。

「ギャハ、ギャハハハハハハハハハハハハハハハハハハッ!!!」

腹の底から大笑い。

魔王の笑い声は人々を不安にさせる夜のざわめき。

人間達が作りあげた闇への対抗策が、あまりにも脆弱過ぎて腹がよじれそうだった。

「どれだけの年月を重ねても愚かさは変わらぬな!」

尊敬に値するよ、と高らかに叫ぶ。

リプルを囲むモンスターの群れが、一斉になだれ込む。

殺せや、奪えと、轟きいななく。

「あぁ、哀れ、人間共は醜く、暗い闇に呑まれて死んだとさ。クックックッ、笑わせてくれるなぁ〜。」

ちょっと、その辺ぶらついてくる、そんな歩調でリプルをゆるやかに歩く魔王。

あちこちで行われる虐殺を、お芝居でも見るかのように楽しみながら、大聖堂を目指す。

目の前を小さい女の子が走っていた。

追いかけるのは我が娘を守ろうとする母親。

麗しい愛。

魔王はありきたりの愛に、思わず笑みをこぼした。

「ちゃんちゃらおかしい、ってね。」

蹴り飛ばす。

壁に貼りついて、血をタラタラと流しながらズリズリと落ちる。

母親の絶望的な表情。

「ははっ、絶望を抱いて生きるがいいさ!」

負の感情こそが闇に生きるモノの糧。

生かしておくだけで食材になり、死んだら死んだでいなくなって清々する。

「一石二鳥?いや、違うかな。まぁ、便利な家畜には違いない。」

不条理は再び大聖堂を目指す。

背後ではモンスターに襲われた母親の叫びが聞こえたが、どうでもよかった。

「……逃げよう。」

守りの光が消えた。

膨れあがる闇の気配。

そこからはまだ遠かったが、まもなく蹂躙されるだろう。

「ここにいたら確実に死ぬ。」

縁はゆかりの手を取り、時也に目配せする。

「もう少し様子を見てもいいんじゃない?」

周りはまだ動き出していなかった。

縁は時也の甘い考えに内心舌打ちをして、説得を始める。

「他の奴らが動き出してからじゃ遅い。それに一斉に動き出すと混乱の恐れがある。今の内にさっさと逃げたほうがいい。」

縁の不安はどんどん大きくなっていく。

何か取り返しのつかないようなことが起こる、そんな嫌な予感がした。

「でも、私達は『勇者』なんだから、ちょっとは頑張らないと。」

ゆかりが少しの正義感と責任感に後押しされて、顔をあげた。

縁は首を振る。

「違う!俺達は、なりたくて『勇者』になったわけじゃないんだ。どこかの誰かのために命を賭ける必要なんか無い!そんなものはやりたい奴だけにやらせておけばいいんだ!」

ゆかりは納得いかないという顔をしている。

時也は何も言わない。

(くそっ!無理矢理連れ出すか?早く逃げないと、絶対やばい!)

そうやって悩んでいると、女の子がやってきた。

「ねぇ、お姉ちゃん。お姉ちゃんは『勇者』様なの?」

カクン、と首を傾げる女の子。

周りの大人が様子を見守っていた。

期待と救いを求める眼差し。

縁は薄ら寒いものを感じてゾクリとした。

「え、えっと、うん、『勇者』だけど……。」

そう答えるしか無かった。

それを知っているものは多くないが、少なくもない。

この状況での嘘は命にかかわる気がした。

(……どっちにしろ、もう変わらないだろうがな。)

「勇者様!助けて下さい!」

「どうかこの子だけでも!」

「勇者なんだから、早くなんとかしろよ!」

「なんでこんなところにいるんだよ!」

「あっちには友達がいるの!早く助けにいってよ!」

「勇者は俺達のために命を捨てるのが仕事だろ!」

「そうだ!一体でも多くのモンスターを殺してから死ねよ!」

「逃げるな!戦え!」

「早く、俺達の盾になれよ!そのための勇者だろ!」

「戦って死ね!」

「守って死ね!」

人々の叫び。

怨みでもあるかのように口にされる言葉は、ゆかり達を死地へと追いやる。

縁は歯をくいしばりながら耐える。

ゆかりを見ると、膝が震え、今にも倒れそうなぐらいに青褪めていた。

「……姉ちゃん、聞くな。姉ちゃんは何も悪くないから。」

時也も受け流そうと努力しているが、無理な話であった。

「……ははっ、行くしかないのかな?」

笑みに力は無い。

「……コックには無理だろ。俺が行く。」

ここを治めるには誰かが行くしかなった。

(俺が行くしかない。姉ちゃんには戦わせたくないし。)

縁が一歩踏み出す。

すると、ゆかりも一歩踏み出した。

「私もいくから。ほら、私、魔術師だから少しは戦えるよ。」

忘れてたけどね、と付け加える。

まだ顔色は良くなかったが、決意の表情。

いや、決死の覚悟。

「ダメだ!姉ちゃんは待ってろ!」

思わず声を荒げる縁。

だが、無情にも人々は二人への道を開く。

人々の海が割れ、死刑台への道が現れたようだった。

「行こうよ、縁。きっと大丈夫。」

精一杯の強がり。

頑張って作った笑顔が眩しかった。

「……まったく、根拠も無しに。俺から離れるなよ。」

縁は覚悟を決めた。

自分が砕け散ろうとも姉を守ってみせると。

(とりあえずは、時也だけでも生き残って欲しいもんだ。)

見送るほうと見送られるほう、共に『勇者』であるが故に苦しかった。

片や死地へ、片や裏切りの烙印。

縁はどちらも嫌だな、と思ってから、神経を研ぎ澄ませた。

思考をクリアに、盗賊の中のより攻撃的技能を呼び覚ます。

(使うことになるとは思わなかったし、使いたくもなかった……。)

盗賊というより、暗殺者の領域。

護身用程度のナイフでどこまで出来るのか?

戦いの経験無しでどこまで出来るのか?

世界の修正力だけを信じて、戦いの場へ。

しかし、たいして移動する必要も無かった。

なぜなら戦場はすぐそこまで迫ってきていたから。

何気なく現れる敵。

敵、敵、敵。

探す必要も無く、眼前に腐るほど。

あっさりと囲まれていた。

モンスターの遭遇に逃げ惑う民衆を背に、縁達は敵を睨む。

(……無理だ。捌けない。逃げることさえ出来ない。ここで死ぬ。なんとか姉ちゃんだけでも。それも無理。無理。無理。これが死?いや、まだ生きてる!何とか活路を!)

無意識に体が動いた。

生を掴むために、目の前のものを蹂躙する。

生きるために殺す。

愛とか平和はどうでもよかった。



お気軽に叩いてやってください、喜びます(笑)


TOP
戻る