×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
戻る




再度の召喚。

見覚えのある場所。

あぁ、そうか。

そういえば、前にいた場所に召喚されると聞いていたな。

素朴な感じのする家。

置いてあるものは最低限の生活に必要なものしかない。

というよりも、それだけしか揃えられない。

路地裏にあるような家はこんなものだ。

「ジンさん?」

家の真ん中につっ立っている俺に声をかけたのは、まぁ、家の住人だろう。

俺はゆっくりと振り向く。

そこにいたのは、やはりここの住人。

「エリスか。」

ふわりとした髪を、長く伸ばしたのが印象的な女。

少し垂れた瞳が点になっていた。

驚いた表情のまま、固まっている。

「……起きてるか?」

目の前で手をヒラヒラと振ってやる。

そうすると、ビクッと体を動かして俺と視線を合わせた。

「あの!お、おかえりなさい!」

頬にうっすらと赤みをさしてそう言った。

「……あぁ、久しぶりってことになるんだろうな。」

ただいま、とは言えやしない。

なぜならここは俺の帰る場所ではないから。

「カイは?」

エリスの弟、カイの姿がない。

ギルドか?

「カイはお仕事にいってますよ。あっ、お茶入れますね。」

いそいそとお茶を入れようとするエリス。

コップやら、お湯やらを用意するべく動きだすが、

「お茶はいらない、今から出かけてくる。」

白の部屋で購入したものを詰めた鞄だけを置き、玄関へ向かう。

「そうですか……。」

あからさまに残念そうな顔をするエリス。

しかし、気を取り直して口を開いた。

「晩御飯、作っておきますから!」

勇気を出して言ったのだろう。

エリスは頬の赤みをさらに増している。

「いつ戻るか決めていない。だから、作らなくていい。」

俺はそれだけ言って、ドアを開けた。

エリスは落胆した顔が視界の端に映った。

これ以上、エリスの心に入りこんではいけないな……。

そんなことを考えながら、俺はギルドへと向かった。

街は人で溢れていた。

道端で座っている人間が増え、争いの声があちこちで聞こえた。

以前より治安が悪くなっている?

俺達がいない間に何があった?

ひとまずはカイと合流して、情報を得なければ。

以前訪れたギルドの場所へ辿りつき、下っ端に符丁を示す。

「へへっ、旦那ぁ、その符丁はもう古いですぜぇ?」

そいつは意地汚い笑みを浮かべながら、そんなことを言ってきた。

新しい符丁を買えということだろう。

面倒を起こしたくはない。

なので素直に買ってやってもいいが、おそらくはギルド員なら無料のものだ。

金を払うのはバカバカしいと言えば、そうなのだが、どうしたものかねぇ?

「カイはいるか?」

試しに尋ねてみる。

その情報も売買のネタにされるだろうが。

「いくらで買う?」

やっぱりな。

どうも小金を稼ごうという輩が多い。

ここに来るまで、スリに何度遭遇したか。

もちろん好きにはさせなかったが、ギルドは正常に機能していないのだろうか。

「あっ、ジンさん!」

思考にふけっていると、聞き覚えのある声がした。

ギルドの扉が開いて現れたのはカイだった。

下っ端を押しのけ、カイは満面の笑顔を浮かべて走り寄ってきた。

さすがに姉弟だけあって、エリスと笑顔が似ている。

「どうやら随分久しぶりのようだな、俺の感覚よりも。」

やはり、慎悟の予想通りのようだ。

こちらの世界は、3ヶ月程の時間が経っているのは間違いない。

カイの顔つきが少しだけ大人びていた。

「ジンさん、どこに行ってたのさ?」

大変だったんだよー、と俺がいなかった間のことを話したくてウズウズしている気配。

盗賊として、どうなのかは微妙なところだ。

そうだな、まずはギルドで情報収集をする前にカイの話を聞いてみるか。

カイを促して、ギルド員がよく足を運ぶ酒場へと向かった。

カウンターに座り、適当に料理を注文をしてから話を始めた。

モンスターの凶暴化。

各地でモンスターの襲撃による被害の増加。

おとなしかったモンスターまでもが人を襲うようになり、世界は混沌としていた。

終末思想の蔓延。

モンスターの凶暴化に対して、世界の終わりが近いという結論に達したもの達による、終末思想の宗教が活性化していた。

これに対し、救世主思想の教団。

この世界の主な宗教、が魔王を倒した『勇者』を奉りあげて、教団の活性化をはかっている。

救世主信仰の教団から『勇者』への救済協力要請。

「この場合の『勇者』は、召喚された人間のことだな?」

「そうだよ。ジンさんは帰還していたけど、帰還していない人には協力要請があったみたいなんだ。」

「帰還していない、というのはどういうことだ?」

帰還しない、もしくは帰還出来ないということが在りうるのか?

「詳しいことはわからないんだけど、帰還出来なくなった、っていうことがあるみたいだよ。で、そういう人達に協力要請があったんだって。」

なかなか興味深い話を聞けた。

さらに、10年程前にあった出来事との酷似。

魔王を倒す→モンスターの凶暴化→魔王を倒す→魔術及び魔法の暴走→???

「情報が足りないな。10年前はどうなったんだ?」

「僕は小さかったから覚えてないんだけど、勇者が仲間と力を合わせて魔王を倒したんだってさ。かなりの犠牲が出たらしいよ。ほとんどの『勇者』が死んだみたい。」

その戦いで魔王を倒してからは、モンスターの凶暴化、魔術及び魔法の暴走が治まったらしい。

一体どういうことだ?

「……魔王を倒す順番があるのか、それとも倒し方に問題があるのか……。」

考えても分からない。

とりあえずはさらに多くの情報を集めて、慎悟に渡すしかないだろう。

考えるのはやつの仕事だ。

「どこかに、10年前の戦いで生き残った『勇者』がいるみたいだよ。」

ギルドに調査依頼をしてみたら、とカイは言った。

確かに貴重な情報源になるだろう。

あと、救世主信仰の教団が奉っている『勇者』のことも気になる。

魔王を倒したということは、刀夜である可能性が高い。

同時期に誰かが魔王を倒していたら話は違ってくるが。

「治安が悪いのは、世界の混乱のせいか。」

「ギルドも頑張ってるんだけど、とても手が回らないみたいだよ。モンスターの襲撃から避難してきた人が溢れてるから。」

「……そうか。」

ふと、エリスの顔が頭によぎった。

この治安の悪さが悪化していくのなら、家に一人残すのは不安だ。

かといって、側にいてやることは出来ない。

「カイ、エリスを守ってやれよ。」

カイは頷いた。

俺は席を立った。

カイに、ここの支払いと情報収集のための資金を多めに渡した。

金はメイディアによる提供で、たんまりとあるのだ。

俺はカイと違ったルートで情報収集を始めることにする。

……おっと、忘れるところだった。

「カイ。」

「何?ジンさん。」

俺は苦笑いを浮かべながら言った。

「新しい符丁を教えてくれ。」



お気軽に叩いてやってください、喜びます(笑)


TOP
戻る