×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
戻る





「さて、まずは何を尋ねるかな・・・。」

雑然とした屋内。

盗賊ギルド内には酒場も存在するゆえ、なかなかに騒がしい。

だらだら呑んだくれているギルド員を避けながら、情報を売買するカウンターへ。

「いらっしゃい。見ない顔ね?」

ざっくりとした髪型をした、いかにも男勝りという感じの女盗賊。

金勘定をする手を止めずに顔を覗き込んでくる。

「3ヶ月ほど前に何回か来たことはある。」

数えるほどしか来たことがないのだから、覚えられていなくても当然だ。

「ふふっ、商売柄、一度来た客の顔は覚えているわ。だから、私の前の担当の時に来たみたいね。」

盗賊のスキルの一つというわけか。

俺は武闘家のクラスだから、盗賊のことはわからない。

一瞬、場違いなところにいる気がしたが、なんとかなるだろう。

「入れ替わりは激しいのか?」

「最近はそうね。戦える人はどんどん駆り出されていくから。嫌な世の中よ。」

ということは、今残っている連中は戦えないか、レベルが低いやつらということか。

盗賊ギルドの内情も大変なようだ。

突っ込んだ話を聞きたいところだが、他に聞きたいことがあるのでそっちを優先。

「情報を買いたい。」

「どんな?」

お互いに顔を近づけ、声を潜める。

「勇者に関すること、全てだ。」

有り金の全てが入った袋と、メイディア家から提供された金塊も差し出す。

肝の座った感じのする女だったが、さすがに出された金額に目を丸くしている。

「・・・場所を変えましょう。」

奥の部屋へと案内してくれるようだ。

確かにここでは誰が聞き耳を立てているかわからないしな。

俺は情報さえもらえれば、どうでもいいんだが。

通路を抜けて、さっきまでとは違う作りの場所。

台風でも来ようものなら、吹き飛んでしまいそうな酒場とは違うところ。

案内された部屋はVIP専用の豪華な部屋だった。

座り心地の良さそうなソファーが置いてあり、調度品も立派なものがズラリと。 「しばらく待ってなさい。」

女は部屋を出て行き、俺は一人この部屋に残された。

これは情報に期待してもいいということかな?

手持ち無沙汰にして待っていると、さっきの女が飲み物を手にして帰ってきた。

さすがはVIP部屋、飲み物まででるらしい。

「すぐにボスが来るよ。」

グラスにワインを注ぎながら、サラリとそんなことを言った。

・・・ボス?

「・・・ボスって、まさかギルドの長じゃあ・・・。」

さすがにギルドの長が出てくるとは思っていなかった。

俺は内心の動揺を表に出さぬよう、差し出されたグラスを受け取る。

口にしてみると、芳醇な香りのするかなり良いワインだ。

「ボスが来る前に質問があるんだけど、いいかしら?」

女は自分の分も用意すると、俺の隣に座った。。

瞳は油断ならない気配を発している。

「ああ、答えられることなら。」

俺は深くソファーに座り直して、足を組んだ。

リラックス出来る態勢で迎え撃つ。

別にケンカをしに来たわけじゃないからな。

「率直に尋ねるけど、貴方は勇者ね?」

自信たっぷりの問いかけ。

まさか、こんなにすぐ見破られるとは。

おそらく、あっさりと見破られる要因があるのだろう。

ここはごまかすよりは正直にいくか。

「正解だ。正確には『勇者』ではあるが、クラスは勇者ではない。」

なぜ、わかったか尋ねてみた。

「簡単よ。まず、身のこなしで盗賊じゃないことは一目瞭然。でも、ただものじゃないことはわかるわ。

それで、そんな人が今ここにいるのが問題なの。」

「・・・そうか、ある程度の強さを持つ者はモンスター退治に駆り出されているか、

もしくは他のことで忙しい。この場に強い奴がふらふらとしてはいないということか。」

「そうね。王宮に雇われていたり、混乱に乗じて悪さをする者がいたり、そういう者に制裁を加える者がいたり。

今は本当に人材不足ってこと。」

「しかし、それだけで勇者と判断するには根拠が薄いな。もっとあるんじゃないか?

俺が勇者だという確固たる証拠が。」

俺の言葉に女は笑みを浮かべて、

「ふふっ、よくわかったわね。そうよ。貴方達の面は割れているわ。」

貴方達?

慎悟達もということか?

「貴方達が召喚された日、3ヶ月程前のことね。物乞いに成りすました私達の仲間が見ていたの貴方達4人の顔を。

盗賊は顔を記憶するように仕込まれているから、似顔絵も用意できたわ。」

見てみる?と言われてが、遠慮しておいた。

俺がその4人のうちの1人だとすぐに判断出来たのだ、相当似ているに違いない。

「・・・ということは、盗賊ギルド内には出回っているのか?俺達の面が。」

もしかすると、動きにくくなるかもしれない。

少なくとも隠密行動では盗賊に勝てるはずはないから。

「まさか。一部の幹部だけよ。勇者の情報は、慎重に扱うことになってるの。

はっきりいって、お金に換算することは出来ないわ。」

ニッコリと笑う女。

その手にはさっき渡した有り金の全てが握られていた。

それが目の前のテーブルに置かれる。

「・・・どういうことだ?」

わからない。

金が足りないということではない。

情報を渡さないということでもないはずだ。

なぜなら、こんな部屋には通さず、最初に追い出すだろう。

「簡単なことだよ。同胞。」

突然の男の声。

驚く暇もなく、目の前の誰も座っていない空間が揺らぐ。

現れたのは中肉中背で30代前半ぐらいの男。

ニンマリと笑った表情は、悪戯が成功した子供のよう。

「一体、どこから・・・。」

さすがに驚きの表情を隠せない。

ここまで鮮やかだと、タネも仕掛けもあるのは明確だ。

しかし、女が出て行き戻ってくるまで扉の開閉はなかった。

いつ入ってきた?どうやって、隠れていた?

「ふっはっはっはっはっ!疑問だらけのようだな!」

楽しくて仕方ないらしい。

女もクスクスと可笑しそうに笑っている。

俺もちっとも楽しくないんだがね。

「・・・魔術か、マジックアイテムといったところですか?」

姿を消す、気配すらも消せるようなそんなものがあるのだろう。

盗賊でなくても便利な代物があるに違いない。

「残念、不正解!まだまだ、勉強不足だねぇ〜。」

快活に笑う姿が、どうにも憎めない。

それはそうと、このおっさんは誰なんだ?

「・・・俺は仁といいます。貴方は?」

まず、他人の名前を尋ねる時は自分から。

俺が名乗ると、おっさんは女に目配せして、言ってやれというアイコンタクト。

「こちらは、かの有名な盗賊王、厳重朗様です。」

女はまるで自分のことのように誇らしげに言った。

盗賊王こと、厳重朗と呼ばれたおっさんは腕を組んで、ふんぞりかえっている。

・・・ふむ、盗賊王ねぇ。

「・・・誰だよ、それ。」

俺の一言にがっくりとうなだれる厳重朗だった・・・。



あとがきっぽいもの。
作者「えー、新キャラ登場しましたー。」
葵「覚えられませーん♪」
作者「君の場合、覚える気がないんじゃ・・・。」
葵「えっへっへー♪」
作者「・・・まぁ、何はともあれここらで加速していきたいところです。」
葵「私達の話もちゃんと書いてね〜。」
作者「ちゃんと書きますよー。」
おわり



お気軽に叩いてやってください、喜びます(笑)


TOP
戻る